京都馬主協会について



社会福祉委員会 平成28年度活動報告

第20回 人と馬とのふれあい 「心ゆたかに」 競馬場招待

・日時 6月9日(木) 午前9時30分~午後12時
・ご招待 約300名(京都・宇治・城陽・八幡4市内の9保育園)

京都競馬場は昨年、開設90周年事業の一環としてファミリーゾーンをリニューアル。
新装なった公園地区(ふあふあドームの新設・固定遊具の増設等)で、馬車の乗車や乗馬を体験
していただきました。梅雨の晴れ間、京都競馬場に園児たちの元気な声が響きました。 新装となった公園地区 ~参加いただいた施設のコメント~
先日は『第20回「心ゆたかに」競馬場招待』へ参加させていただき、ありがとうございました。
子どもたちにとって、馬とのふれあいや、ふわふわドーム等の楽しい遊び場で
心も体も開放させて遊ばせていただいたことは大変貴重な経験で、
職員一同大変嬉しく感じています。
その際の楽しかった思い出を園児がお礼として描きましたのでお送りさせていただきます。



社会福祉委員会 平成26年度活動報告

第19回 人と馬とのふれあい 「心ゆたかに」 競馬場招待 (木下大サーカス公演ご招待)

・日時 9月9日(水) 第1回公演(午前11時~午後1時の約2時間)
・場所 京都競馬場 駐車場 特設会場(公演期間:7月18日(土)~9月23日(水・祝)) 
・ご招待 約500名(京都・城陽 2市内の3福祉施設5保育園)

馬に触れ競馬文化に親しんでいただく事を趣旨とした社会貢献事業「競馬場招待」は、
これまで京都競馬場・公園地区での実施といたしておりましたが、公園地区整備期間と重なるため
実施を検討し、今回は京都競馬場開設90周年記念事業の一環で実施されておりました
「木下大サーカス公演」へのご招待といたしました。
木下大サーカスご協力のもと、公演前にサーカスステージにて
「第19回 人と馬とのふれあい「心ゆたかに」競馬場招待」セレモニーを実施させていただき、
ご招待施設には「木下大サーカスオリジナルグッズ(動物ぬいぐるみ)」を、
園児の皆様には「妖怪ウォッチのナイフ・フォークセット」と京都競馬場より「ターフィーくんの
ノート」を贈呈、他に軽食をご用意いたしました。
実施日は台風18号の影響でサーカスの公演自体危ぶまれましたが、無事に開演。
500名全員揃っての観覧は叶いませんでしたが、木下大サーカスのご厚意で、後日、観覧いただきました。
セレモニーの様子
9月9日(水)台風の影響で参加を見合わされました施設の方々も後日ご観覧いただきました。
入場風景

~参加いただいた施設のコメント~
この度は木下大サーカスのチケットをご恵贈くださり、厚くお礼申しあげます。
いただきましたチケットは余暇活動の一環として、利用者・職員共にとても有意義な時間を過ごすことが
出来ました。貴協会のますますのご発展を申し上げますとともに、略儀ながらお礼のご挨拶と
させていただきます。本当にありがとうございました。

社会福祉委員会 平成26年度活動報告

平成26年9月5日

社会福祉委員会では本年度社会貢献活動の一環として、去る6月12日(木)に京都競馬場に於いて京都、宇治、城陽3市内の保育所や福祉施設とそこに通うお子様(6施設164名)を対象に、乗馬体験等の馬とのふれあいを中心とした社会貢献イベントを開催いたしました。 乗馬体験等のイベントの様子 ~参加いただいた先生のコメント~
園で開催する通常の遠足とは異なり、子供達が馬と身近に触れあえる事が非常に新鮮です。私自身は競馬場に普段は来ないのですが このような緑いっぱいで広く、子供達が安心して遊べる場所がある事を好ましく感じています。今後もこのような催しを行われるのであれば 是非お声掛けいただきたいと思います。

ページの上部へ