はい!現場の大恵です


今週の話題の中心はGI初騎乗に騎手試験合格

今週土曜日、京都の新馬戦(ダート1800m)は10頭が除外になりました。
日曜の東京メイクデビュー(芝1800m)にいたっては15頭が除外と新馬戦は除外ラッシュとなっています。
夏や秋に比べて新馬戦の数が少ないことも影響しているのでしょう。
そのため今週も既走馬相手に未勝利戦でデビューを迎える馬もチラホラと見受けられます。

未勝利戦でのデビューといえばコパノキッキング。
ちょうど1年前のこの時期に経験馬を相手にいきなり8馬身差の逃げ切り勝ちを収め、鮮烈な印象を与えました。
それからどんどん勝利を積み重ね
いよいよ今週、フェブラリーSでGI初挑戦です。

これまで短距離を中心に走ってきましたが
前走・根岸Sでは1400mもこなしての重賞制覇。
控える競馬もできるようになってきていますし
初マイルでどんなレースを見せてくれるでしょうか。

騎乗するのは藤田菜七子騎手。
JRA女性騎手初のGI騎乗とあって
先週は小倉でも栗東トレセンでも
彼女の行く先々で藤田騎手を中心に大きな人だかりができていたようです。

話題の中心と言えば、今週12日に発表されたJRA騎手免許試験で合格を果たした藤井勘一郎騎手もそうでしょう。

JRA競馬学校を1kgだけ体重がオーバーして受けられませんでしたが
夢を諦めることなくオーストラリアへ渡って2006年にジョッキーデビュー。
以降、シンガポールやマレーシア、韓国などで騎乗し
韓国ではエスメラルディーナでトゥクソムC
クリソライトでコリアカップ
モーニンでコリアスプリントを制覇したほか
近年は南関東や門別で短期騎乗を行っていたので
名前を知っている方も多いことでしょう。

一昨年8月、札幌競馬場で開催されたワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)で総合優勝したユーリコ・ダシルヴァ騎手とは2007年頃にシンガポールでアパートの部屋をシェアしていたそうです。

 

P1100393
▲ユーリコ・ダシルヴァ騎手(左)がWASJ第4戦を勝利し、祝福する藤井勘一郎騎手(右)

 

「ダシルヴァ騎手は瞑想とかを取り入れていて、心の持ち方を教えてもらいました」と言います。

ダシルヴァ騎手はその後、カナダでリーディングに輝き、年度表彰であるソヴリン賞も4度受賞されました。

一方、藤井騎手は
「ジョッキーとして続けていくために僕は開拓していっています。
今年もJRAの騎手試験を受けます」
と当時、話していました。

世界を股にかけて活躍してきた藤井騎手。
初の「逆輸入ジョッキー」が日本の競馬でどんな活躍を見せてくれるのか楽しみです。

 

P1110108
▲筆者と


武豊展@小倉

昨日から開幕した小倉競馬場では武豊展が開催されています。

 

IMG_7936

 

私も昨日、小倉競馬場へ行ってきたのですが
馬主席と同じフロア、5階では通路に沿って武豊騎手の偉業や歩みに沿った写真パネルの展示。

 

IMG_7928

 

小・中学生の頃の写真も飾られていて
須貝尚介調教師との少年時代の2ショット写真があったり
等身大と思われるパネルでは
横に並んで武豊騎手の大きさを実感するファンの姿もありました。

 

IMG_7929

 

4階はホールのようになっていて
スキーパラダイスでムーンランドロンシャン賞を制覇した時のカップや
国内でGIを制覇した時のカップや記念品、
さらに小倉らしいのが北九州短距離Sを制覇した時の美しい緑色のカップ!

 

 

IMG_7939

 

会場外の特設ワゴンでは今開催の小倉競馬場限定で
メイショウカイドウのぬいぐるみも販売されるなど
小倉らしい演出もありましたよ。

 

IMG_7947

 

昨日の小倉では武豊騎手は3連勝を含む4勝を挙げました。
口取り撮影を見ながら
「やっぱり武豊騎手は絵になりますねぇ」
という声も聞こえてくるなど
九州のファンのみなさんも武豊騎手を待っていたようです。


インフルエンザ

「全国的に警報レベル」と言われるほどインフルエンザが流行っています。

先々週には戸崎圭太騎手がインフルエンザで乗り替わりになったほか
栗東トレセンでも先々週~先週は罹患したという調教師や厩舎スタッフがチラホラ。

私も気を付けて小まめに手洗いをするなど予防に努めていたのですが
びっしりインフルエンザになってしまいました・・・。

お仕事関係のみなさまにはご迷惑をおかけしてしまって申し訳ございません。

最近はインフルエンザ診断キットをあらかじめ配布し
自宅で判別できるようにする試みがスタートしたとか。
軽度の風邪で病院を受診して、そこでインフルエンザをもらってしまうリスクが嫌で
この時期は病院に行くことを避ける人も多いですもんね。

予防も含めてインフルエンザについて世間ではいろいろと議論されていますが
競馬界も例外ではありません。

南関東では今冬、複数の騎手がインフルエンザにかかり
騎乗変更が相次いだ日がありました。

南関東の場合は騎手の人数が多いため、なんとかカバーできましたが
2年前、高知では次々に騎手がインフルエンザやその疑いで倒れ
レースで乗れる騎手がたった14名になってしまったことがありました。

馬はいるのに騎手がおらず、レース成立が危ぶまれる事態。
結果的に、兵庫から中田貴士騎手と鴨宮祥行騎手が助っ人として騎乗しに行き、開催することができました。

調整ルームやサウナ、検量室など狭い空間に一緒にいることが多いため
体力のある騎手といえど、感染してしまったのかもしれません。
予防接種をしても100%感染を防ぐものではないだけに
その対策は難しい面が多分にあるなぁと感じます。


川崎記念

川崎記念JpnIでミツバが優勝しました。
おめでとうございます!

ご存知の方も多いかと思いますが
ミツバは京都馬主協会ホームページで馬名を公募されて名付けられた馬。

3月28日生まれにちなんで「328(ミツバ)」という可愛い名前は
ファンの間でもお馴染みになっています。

川崎競馬場は南関東4場の中でもコーナーが最もキツいと言われています。
たしかに現地でレースを見ていても
直線がある程度長いわりに向正面がとても近く感じます。
コーナー部分が短いのでしょう。

それゆえ、左回りの経験が浅い馬や騎手の中には
「コーナーで吹っ飛んでいきそうになった…」
という場合も。

特に3~4コーナーは勝負所でかなり加速しながら迎えるため
外に振られ過ぎないように回るのがとても難しそうに感じます。
減速しすぎてもいけませんしね。

ミツバはここを逃げ馬の後ろで綺麗にコーナリングしてきました。
もし、少し控えて前2頭の外に出せば後手を踏んだり遠心力が大きくかかったのではないかと思います。
内を回って来られるミツバの器用さと
和田竜二騎手の手綱捌きにちょっと感動した川崎記念でした。


職人技

かなり以前のことになるのですが、とある厩舎を訪れた時のこと。

厩舎の端にある調教師室の入口扉を開け閉めしながら

「なんかちょっと変な音しーひんか?」

と調教師が言いました。

「閉まる時にわずかに違和感のある音がして
気になって仕方ないんよなぁ」と。

私には全く分からなくて
何度も何度も開け閉めをして一緒に確認したのですがやっぱり分からなくて

「すみません、私には普通の扉音にしか聞こえません…」

とギブアップしてしまいました。
元々、かなりのめんどくさがり屋で大雑把な性格の私。
それゆえ、心の中では「壊れたわけじゃないから、別にいいのでは!?」とまで思ってしまっていたんですよね。

 

今週のトレセンでふとそんなことを思い出して
別の調教師に話していると

「あぁ~。それ、分かるわー!」

と納得されてしまいました。

どういうことかと言うと

「私たち調教師は馬のわずかな変化にいち早く気づくのが仕事。
だから朝一番、馬房から出る一歩目の足音で
『あれ、いつもとちょっと違うな』とか
『蹄鉄の釘が緩んでるような音がするな』
ってなるんです。
だから、扉の音にも気づくんでしょうね」

わぁ~!!!
と感動するほど納得しました。

こういった職人技はトレセン内に多く存在していて
たとえば厩務員や持ち乗り助手だと
ひ腹を触って「●●のレースの時より皮1枚分厚い」
と担当馬の状態を把握して、調教内容やエサに反映させる人も。

些細なことの積み重ねが
レースでの結果を大きく左右するだけでなく
さらに言えば、無事にレースに向かえるかにも関わってくること。

扉の異音から職人技の奥深さを知った今週のトレセンでした。


立場を変えて新しい年のスタート

松の内が明けてしまいましたが
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月9日は栗東トレセンでの取材はじめでした。

すでに東西金杯やシンザン記念などレースは行われたので
今朝は「先週、おめでとうございました」という挨拶も。

飯田祐史調教師は初日の1月5日にシンゼンマックスで今年初勝利。

「先輩方もおっしゃいますし、僕も何年やってもそうなんですが
その年の1勝目を挙げると気持ちが全然違いますね」
と笑顔で話していました。

競馬は週末が来るたびにレースが行われていく・・・という連続ですが
年が変わり、記録の上でも勝利数が一旦リセットされる年始は
ちょっと気持ちも異なるようです。

 

ところで、「年が変わって立場が変わられた」といえば
こちらのお二方も。

 

P1660334

 
・・・って、背中ですみません。

前を歩いている赤いジャンパーは
林満明 元騎手。

障害レース2000回騎乗を果たした名手は
12月31日付で騎手を引退し
現在は角居勝彦厩舎で調教助手をされています。

そして後ろの白毛馬に乗っているのは
吉岡辰弥 技術調教師。
ホープフルSを制覇したサートゥルナーリアを担当していましたが
昨秋、調教師試験に合格され
今年から調教師となりました。

 
馬場開場の朝7時から断続的に小雪が舞う栗東トレセンでしたが
新しい年が始まり、みなさんそれぞれに新たな一歩を踏み出されていました。

 

 

P1660325


年末の記録

年末、さまざまな記録が生まれましたね。

 
武豊騎手が2005年にJRA年間212勝をマークした時、
「乗ったレースはほとんどすべて勝っている」くらいの印象があって
ただただ一ファンとして驚愕しましたが
まさかそれが更新される日がやってくるとは。

この気持ちは、多くのみなさんがお持ちではないでしょうか。

 
写真は、クリストフ・ルメール騎手が12月28日中山4レースを勝って
武豊騎手の記録に並んだ時のもの。

 

P1640441

 

この2レース後の中山6レースで早々に新記録を樹立しました。
バルコニーでレース観戦していたルメール騎手の奥様は歓喜の声を上げて、笑顔炸裂。

ご家族でルメール騎手の応援にいらしている姿は頻繁にお見掛けします。
異国の地でこれだけの成績を残せるのはご家族の大きなサポートがあってこそなんでしょう。

ルメール騎手ご自身は

「一生懸命勉強をして、馬主、調教師、家族、ファンのおかげで新記録ができました。
シンジラレナイ!
今年、一番すごい記録はタケさんの4000勝の記録。スバラシイです。
日本に来て、タケさんはお手本です。
大きなリスペクトを持っています」

と感謝や武豊騎手への尊敬の念を表していました。

 
そして、大晦日の今日の競馬を終えて
地方競馬の兵庫(園田・姫路)では吉村智洋騎手が
兵庫県競馬の新記録となる年間296勝(地方競馬のみ)を達成。

かつては小牧太騎手(2003年)と木村健騎手(2008年)がそれぞれ288勝をマークしていましたが
それを超えて、さらには自身初の地方競馬全国リーディングにも輝きました。

 

P1650930

(12月31日園田ジュニアカップ、リリコ(2着)での本馬場入場)

 

昨年は下原理騎手(兵庫)が全国リーディングに輝き
今年は吉村智洋騎手が全国リーディング。

上位陣の入れ替わりが激しく、兵庫は特にジョッキー戦国時代に突入しつつあるように思います。

2019年、リーディングに立つのはどの騎手なのでしょうか。

さて、2018年もまもなく数時間で終わろうとしています。
お世話になりましたみなさま
ブログを読んでくださったみなさま
本当にありがとうございました。

みなさま、よいお年をお迎えください。


年末の嬉しい出来事と悲しい事件

明日から2日間の日程で行われるヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド取材のため、東京に来ています。

明日27日は大井で2戦
明後日28日は中山で2戦が行われ
着順に応じたポイントで総合優勝が決まります。

28日にJRAで競馬が行われるのは今年が2年目。
売上げや入場人員などどんな感じになるのでしょうか。

ちなみに、有馬記念翌日で振替休日だった24日は軒並み地方競馬の売れ行きが好調で
名古屋グランプリはレース単体では従来レコードを約1.8倍更新する好調っぷり。

その好調の要因は日程的にJRAファンが買いやすかったこと
地方競馬ネット投票で発売していたこと
武豊騎手が1番人気に騎乗したこと
・・・などいろいろあるでしょう。
また、少し前に「景気回復局面が『いざなぎ景気』を超えている」と報道されました。
地方競馬の売り上げを聞くと、それを実感します。

最後に地方競馬が廃止されたのは2013年の福山競馬。
以来、廃止の危機に瀕していた競馬場もなんとか持ち堪え、売り上げを回復させ、賞金アップが可能になるまで回復してきました。

それだけに、今日発表された岩手競馬の薬物問題による開催取りやめ(12月30日~1月7日)は残念で悔しくてたまりません。
調教師や騎手、厩務員、岩手に愛馬を所有されているオーナーにとってはその思いはひとしおでしょう。

単年度黒字が確保できなければ廃止という条件の下、年末年始開催ができないことの重みは想像に難くありません。

単年度黒字という条件を、今回ばかりは例外として救済措置をとってくれないものか、とも願います。

でも、それよりも願うのは原因究明。

何も明らかになっていない状況なので、邪推は避けたいところですが
今回4頭目の禁止薬物(アナボリックステロイド)陽性馬が発生したのがこれまでの水沢とは違って盛岡競馬場とあって
達増拓也 岩手県競馬組合管理者は
「岩手競馬を標的とした故意的なものである可能性が高まったと考えられることから、競馬組合として、1日も早く原因を究明するため、警察捜査に全面的に協力する」
とのコメントを発表しました。

 
アナボリックステロイドは筋肉増強剤。
もしも意図的に、また悪意を持って投与した人がいるのだとしたら
別の競馬場などでも起こり得る可能性のあることなだけに
一刻も早い事態の収束を願うばかりです。


今朝のトレセンから、キセキ

有馬記念の枠順抽選会が数時間後に迫っています。

初めて公開抽選が行われるようになった4年前は
今とは少し違う抽選方法で、各陣営が好きな番号を選べ、
2枠4番を選んだジェンティルドンナが優勝し
2着は3枠6番を選んだトゥザワールド。

もちろん実力あってのことですが
あらためて内枠有利、できれば偶数枠が…ということを実感させられたレースでした。

コーナーを6回まわるトリッキーコース。
今年、内枠を引き当てるのはどの陣営なのでしょうか。

さて、栗東トレセンから個人的に注目しているのはキセキ。

前走・ジャパンカップでは自らレースを作り
直線半ばまで先頭を守り抜きました。
結果的にアーモンドアイに交わされて2着でしたが
従来のレコードを更新する2分20秒9での走破。

レコードタイムが更新される時
ハイペースで逃げる馬を直線で差し切ったらレコードだった
・・・ということは、ままありますが
キセキの場合は自分でペースを作ってのもの。
レース直後から同馬を称える声が多かったですね。

で、気になるのはレース直後。
骨折など具体的な怪我はなくとも、肉体疲労とか精神的なダメージがないかが心配でした。

先週、厩舎に行くと担当する清山宏明調教助手は
「今回が秋4戦目になりますし
ダメージがあってもおかしくないなと思っていましたが
獣医さんから『状態がいいよ』と言っていただきました。
乗った感触を慎重に感じ取ってきましたが、体の疲れももうありません」
と有馬記念に向けて明るい表情。

今朝も改めて厩舎に行ってみましたが
「毎日接していても前走の反動とかは感じません。
常識を覆すかもしれない状態まできているから
一番そばにいる僕がキセキのことを信じてあげないとって思います」

口調としては、字面よりももーっと慎重で控えめな感じだったのですが
だからこそキセキの状態の良さを感じました。

 

P1630571

 

また、馬体も以前より大きく逞しくなっているように感じ
清山助手も「またパンプアップしましたよ」と言います。

最近は調教方法も変えているとのことですが
それも体幹が強くなったことと元々持つポテンシャルの高さゆえにできること。

父ルーラーシップは高い期待を寄せられながらも有馬記念で出遅れてしまい
ゲート再審査を課せられたことで引退することとなりました。

父の無念を、というのは単なる人間のエゴかもしれませんが、有馬記念でどんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

ところで昨日の朝、とても縁起の良さそうな馬と遭遇しました。

 

アイアンクロー

 

ゼッケン番号「1番」!!!

斉藤崇史厩舎のアイアンクローです。

応援している馬も「1番」になりますように。


今週から!坂井瑠星騎手と坂路タイム印刷

今朝の栗東トレセンには
オーストラリア長期遠征から帰国した坂井瑠星騎手の姿がありました。
 
昨年11月に渡豪し、書類手続きなどのため2度の一時帰国を挟みながらもトータルで約1年の海外遠征。
 
一時帰国では土日で人気薄を含む4勝を挙げるなど大きな存在感を示したり
ドバイや香港などへ矢作厩舎が海外遠征の際には現地に飛び、調教の手伝いもしました。

一時帰国中の活躍ぶりからも正式帰国後の活躍がかなり期待されるところ。

早速、今週末はGI・朝日杯FSでコパノマーティンに騎乗予定です。

今朝はその最終追い切りに騎乗。

 

P1620897

 

「初めてコンタクトを取りました。
先行馬を見ながら直線で並びかけ、スムーズな反応でいい動きでした。
この馬のレースは見ていて
ダートで勝っていますが、芝の未勝利で3着もあるので問題ないと思います。
力強い走りをするので、馬場が渋ればよりいいのではないかと思います。
2歳にしてはどっしりとした乗り味ですね」

日曜日は曇りのち雨の予報で降水確率は60%。

コパノマーティンと坂井騎手にどう作用するでしょうか。


さて、今朝は栗東トレセンから話題をもう1つ。

今週から坂路タイムが厩舎毎に手軽にプリントアウトできるようになりました。

 

IMG_7332

 

これまではゴールした馬から順にモニターにタイムが表示され
その画面を印刷する方法でした。

ところが、モニターに表示されるのは10頭未満。
朝一番やハロー明けなどはどんどんと馬が登坂するので
ちょっとタイミングを逃してしまうと
お目当ての馬のタイムがモニターから消えてしまい
プリントアウトできない…という状況。

そのため、走って印刷機のボタンを押しに行く調教師も多かったのです。

新しく導入されたこちらの機械だと
調教師コードを入れればその日の厩舎の馬の登坂タイムが一覧で出てきます。

 

IMG_7334

写真は北出成人調教師。
右手に持っているのが今朝の北出厩舎の坂路タイム一覧。
左手の黒い小さな用紙は従来のモニターをプリントアウトしたもの。


これによって印刷に気を取られ過ぎずに
しっかりと管理馬の動きをチェックできるようになりそうです。