はい!現場の大恵です


藤懸騎手

藤懸貴志騎手がJRA通算100勝を達成しました!

待ちに待った100勝。
長野県の大桑村という、競馬とは無縁の地域と思われる土地の出身だと
デビュー間もない頃に知ってから
藤懸騎手に興味を抱いていました。

テレビや雑誌から受ける印象そのまま
取材をするようになってからも「素直で真っ直ぐな人」という印象は変わりませんでした。

デビューから所属していた平田修調教師は
「あんまり負荷はかけてほしくないけど時計は出してほしい
なんて難しいオーダーを叶えてくれるのは
藤懸騎手くらいしかいない」
と、かつて話していたほど調教技術に定評がありました。

また、あるカメラマンは
「しがない僕たちカメラマンにも
丁寧に接してくれて嬉しい」
と。

私も藤懸騎手の人柄を含めて大好きでした。

ところが、コロナ前のある日
取材をしていてハッとさせられたことがありました。

それは、ある媒体の企画で取材に行った時のこと。
メインの取材話が一段落し、雑談へと転じていた時

「僕も結婚して子供が生まれましたし
もっとがんばらないといけないと思うんですよね。
毎週末、そんな思いです」

それまでと打って変わって、真剣な表情でそう話す藤懸騎手に
覚悟の強さを感じました。

その後、GI初騎乗となった今年のオークスは
16番人気ながらハギノピリナで3着、
6月のマーメイドSではシャムロックヒルで逃げ切って
重賞初制覇を遂げました。

この勝利によって、JRA通算100勝に王手をかけ
今日の新潟2Rでのメモリアルを達成。

本当におめでとうございます!


ジャパンダートダービー

ゴールデンウィークまっただなかの園田競馬場。

ダートグレードレース・兵庫チャンピオンシップのレース後、
中井裕二騎手は検量室前でパトロールビデオを何回も何回も
今野貞一調教師ら関係者と見て、レースを振り返っていました。

先頭で直線を迎えながら、あと少しのところでリプレーザに交わされて2着でゴールするシーンがモニターに映し出されるたび
肩を落とし、悔しい表情を見せた中井騎手。

「最初のコーナーでグンと馬が力んだ分が最後に繋がったのかな?
とも思いますが、『それでも!』という気持ちで追い出しました。
本当に残念で仕方なくて・・・。
ゴッドセレクションはしっかり頑張ってくれていますし、園田にも対応してくれたのですが、勝ち馬の方が小回り適性があったのかなと感じました」

ゴッドセレクションは力一杯走ってくれたのに、勝つことができなかった
という悔しさとも無念さとも感じ取れる思いから
敗因がどこにあったのか、いろんな角度から分析を繰り返しているようでした。

そして1番人気で迎えた昨夜のジャパンダートダービー。
日曜日の小倉12Rで騎乗馬がゲート内で暴れて尻もちをつき
その後グリーンチャンネルに映された中井騎手は体を痛そうにさすっていたので
JDDに騎乗できるか心配していたのですが、無事その姿がありました。

ゴールデンウィークの時とは違い、逃げ馬を追いかけながら迎えた直線。
じわじわとその差は詰めたのですが、アタマ差届かず2着でのゴールとなりました。

結果は非常に残念ではあるのですが
誰よりも遅くまで兵庫CSのパトロールビデオを見ながら敗因を分析していた中井騎手の姿を思い出すと
このコンビで重賞戦線で活躍する姿を見たい!と思うのでした。

さて、勝ったのは地方・船橋所属のキャッスルトップ。
初勝利はデビュー9戦目となった今年6月で、そこから3連勝でのJpnI制覇でした。

さらに仲野光馬騎手はデビュー8年目、通算45勝目での重賞初制覇でもありました。

「大井で勝つこと自体がそう多くないですし
重賞初制覇がJpnIだなんて」

と、謙虚に話しながら喜びを噛みしめる姿と
地方競馬教養センターを体重の問題で中退したのち、名門・川島正行厩舎(船橋)で下積みを経験したというエピソードから
仲野騎手のことをもっともっと知りたいとも思った夜でした。

最近、南関東所属馬によるダートグレード制覇が続きます。
地方競馬の関係者としては嬉しいだけでなく、モチベーションが高まったり勇気を与えられる勝利でしょう。

キャッスルトップの関係者のみなさま、本当におめでとうございました。


スピード競馬とドレフォン産駒

今年の新種牡馬・ドレフォンの産駒が早くも4頭、勝ち上がりました。

アメリカの馬で、ブリーダーズカップ・スプリントを制した
という経歴から、ダート馬を輩出するのかな?と素人は考えていたのですが
産駒は芝のレースもどんどん勝っていき、ビックリ仰天!

「ダート馬はダートに特化した産駒を生む」
なぁんて単純な発想は、いとも簡単に覆されました。

一体ぜんたい、どういう要素が芝でも勝ち馬を出したのか
私にはなかなか知識が及びませんが、
先行争いを制してブリーダーズカップ・スプリントを制したような豊富なスピードが
速いタイムでの決着となりやすい近年の日本の競馬にマッチしているのでしょうか。

それにしても、開幕週となった先週の小倉はすごいタイムが連発しましたね。

初芝だったプリモダルクが逃げて「世界のアグネスワールド」のレコードを更新したことも驚きでしたし
翌日の3歳未勝利の芝1200mで前半600mが32.0秒という
通常ならば超ハイペースの中
先行したゲノムが勝利し、ハクサンムーン産駒JRA初勝利を挙げたこともタイム面で驚きでした。


帝王賞

今日で上半期が終了となります。
区切りの日に行われたのがJpnⅠ・帝王賞。

大井競馬場は事前に当選した人のみ、と限定的ながら
ファンを迎えて帝王賞は行われました。

「東京トゥインクルファンファーレ」という大井名物のファンファーレ隊
(彼女たちのファンも多いのです!)
による生ファンファーレには自然と手拍子が起こりました。

東京大賞典3連覇など大井コースで連対率100%のオメガパフュームや
地元ファンの期待を一身に背負ったカジノフォンテン
ドバイ帰りのチュウワウィザードなど好メンバーが揃う中
勝ったのは4歳のテーオーケインズ。

素人目にもパドックで1頭抜けて良く見えたほどで
いま、とても充実しているのでしょう。

3連勝で一気にJpnⅠ制覇。
秋もまた楽しみですね。


ゴールデンジャック最後の仔から

「ダービーからダービーへ」というスローガンのもと
今年も日本ダービーの翌週から2歳新馬戦がスタートしました。

まだ3歳未勝利馬たちが多く残る中
2歳馬たちがデビューしていくシーンはなんだか不思議な感じがします。

それにしても年々、早い時期から仕上がる馬が増えましたね。

西日本で一番星を挙げたのはクラウンドマジック。

重賞2勝を挙げ、オークス2着のゴールデンジャックの最後の産駒となったクラウンドジャックの仔
という血統背景を持っていました。

ゴールデンジャックの一族は
関屋記念など重賞3勝を挙げたサイドワインダーや
川崎記念を制したミツバなど血脈を広げています。

その1頭に加わったクラウンドマジック。

早い時期に勝利を挙げたことで
夏の2歳重賞を目指すことも、ゆっくり休養に充てて成長を促すこともできるでしょうから
今後も楽しみにしたいと思います。


ホクショウマサルと阿部騎手

地方最多の31連勝を挙げたばんえい競馬のホクショウマサルが
6月2日、急死しました。

主戦の阿部武臣騎手は、ばんえいジョッキーとしての生活について
かつてこう話していました。

「僕たちにとって馬は家族のように大切な存在。
だから、休みの日でも馬のことが気になるし
休日には牧場などに馬を見に行きます」

活字にすると、何てことないように感じるかもしれませんが
実際にはもっと細かく話されていて
その口ぶりから、阿部騎手の中で最優先事項は
自身の体を休めたりリフレッシュすることでも、家族と出かけることでもなく
厩舎の馬たちはちゃんとご飯を食べているか?
若馬の成長は順調か?
といったことなんだろうなと個人的には想像しました。

ホクショウマサルは喘鳴症で2年4か月の休養を余儀なくされながらも
2018年7月に復帰すると、そこから破竹の連勝劇。
連勝記録が近づき、さらに更新する頃にはテレビなど多くの取材があったようで
陣営にとっては大きなプレッシャーの中で達成した記録でもありました。

ばんえい最高峰レースと言われる「ばんえい記念」に昨年挑戦後は
なかなか勝てない時期が続きましたが
昨年末から勝利を手にすると、今年3月のばんえい記念を見事に制覇したのでした。

その優勝会見で阿部騎手は

「調教も大事ですが、やっぱり体調管理が大切です。
体調が上下せず、平均的に整えられるように気を付けています。
毎日、ホクショウマサルには僕しか触らないので
運動に行く時の様子や、運動をしている時、つなぎ場、馬小屋にいる時に
顔色やエサの食べ方を見て小さなことに気づいてあげられるようにしています」

と話していました。

ばんえい記念優勝にあたって
「馬と二人三脚でつかんだ勝利」とか「365日寄り添ったホクショウマサルと」とか
こういった表現が浮かんでいましたが、
阿部騎手のこの言葉を聞くと、そんな表現すら陳腐に思えるくらい
ホクショウマサルのことを思っていたんだと感じました。

ホクショウマサルの急死を聞いた瞬間、ショックでたまらなかったのですが
私でこれだけ悲しいのだから、共に生き、苦楽を共にしてきた阿部騎手や坂本調教師の悲しみはどれだけ深いだろう、と想像を絶します。

そして、ばんえい競馬のファンのみなさんは
最近なにかと騒がしい中、つらい思いをしたり現場の思いが伝わらないもどかしさや怒りも感じられていたことと思います。
そんな中でのホクショウマサルの突然の死。

ホクショウマサルのご冥福をお祈りするとともに、
ばんえい関係者やファンのみなさんがこれ以上つらい思いをすることがありませんように、と願います。


フラッシュバック1999

重賞初制覇を遂げた相棒・ナリタトップロードと共に
1番人気で日本ダービーを迎えた渡辺薫彦騎手(当時)。

大観衆が見守る直線でデビュー6年目の渡辺騎手が先頭に躍り出て
初のGI制覇がダービーになるかと思った瞬間、
図ったように後ろから差したのは前年にスペシャルウィークで待望のダービージョッキーとなった武豊騎手とアドマイヤベガでした。

これが一度ダービーを制したことのある名手の技なのか
――中学生ながら、そんなことを感じさせられた1999年のシーンが今日の日本ダービーを見て蘇ってきました。

ダービーを勝つことで
無意識に生じる焦りがなくなるのでしょうか。

長い長い府中の直線を冷静に運んだ福永祐一騎手の強さを感じた一日でした。


“ロジ”カラーの勝負服と横山武史騎手

ダービーウィークがやってきました。

大本命と目される皐月賞馬エフフォーリアに騎乗する横山武史騎手が
幼い頃から競馬が大好きだったというエピソードをあちらこちらで目にします。

皐月賞では父・典弘騎手との父子制覇も話題になり
偉大な父の存在も折に触れて紹介されます。

いわゆる「二世ジョッキー」には2パターンいると感じていて
「父は父、僕は僕。比較しないでほしい」というタイプと
「子供の頃から父の姿を見て、カッコいいと思っていました」というタイプ。

武史騎手は後者のように感じられます。

というのも、2018年。
2年目を迎えたヤングジョッキーズシリーズ(YJS)ではその年からJRAジョッキーたちはYJS専用の勝負服をデザインし、着用することとなりました。

好きな色や所属厩舎のカラーを選ぶジョッキーが多い中
武史騎手は

「冠名ロジの色合いが好きで、自分でデザインしたんです」

と。

そう、「冠名ロジ」とは父・典弘騎手と日本ダービーを制覇したロジユニヴァースの勝負服でもあります。

 

P1400770

 

当時、一緒にYJSを戦ったジョッキーたちは
減量に苦しみ引退を決断した人、度重なるケガに悩まされている人、新記録を次々に打ち立てた人
―― 十人十色のその後を歩んでいます。

人懐っこい笑顔で父とゆかりのデザインの理由を話してくれた彼は
今度は自身がダービージョッキーを目指す立場へと登り詰めましたんですね。


三津谷隼人騎手

24歳になった頃、干支がようやくふた回りし
社会人になって数年の私は
自分のお金で欲しい物を少しずつ手に入れることができ
大人になる楽しさを味わっていました。

ちょうどその頃、
「まだ30歳までは時間があるし、若い今のうちにチャレンジしたい!」
と決意し
大好きな競馬に携われる仕事を目指して歩み始めました。

今月20日をもって騎手を引退する三津谷隼人騎手も現在24歳。

30~40代まで現役を続けるジョッキーが多く
アスリートの中でも寿命が長いといわれる中で
デビュー7年目での引退はあまりに早く感じます。

だからこそ、その決断の大きさがより伝わってくるようでもありました。

「ジョッキーになるのなら
どうやって馬が生まれて、どういう過程で競走馬になっていくかを
イチから見たいという思いで中学生の3年間、母の実家の北海道の生産牧場に行きました」

と、中学時代は毎朝牧場の手伝いをしてから登校する日々。

念願のジョッキーデビューを果たしたものの
6月にはゲート裏で落馬。
ヘルメットは変形していたそうで、肺気胸や骨折などでしばらく戦線から離れ
初勝利を挙げたのはデビューから半年が経った9月でした。

2019年からは障害にも挑戦をしはじめました。

障害レースに乗るにあたり、もちろん障害練習(調教)にも乗るわけで

「障害は自分でイチから馬を作るので
普段の調教から一つ一つのことをいつも以上に考えるようになりました。
改めて調教の大切さを感じますし、もっと馬に乗る考え方をしっかりしようと思いました」

と当時、生き生きと話していたことを思い出します。

 

_1720036 (2)
▲初めて障害試験を受けた相棒・ダンツカホウと三津谷隼人騎手

時に穏やかな口調で
時に「今週の騎乗馬、すごく楽しみなんですよ!」とウキウキと話す姿が印象的でした。

昨日、お手馬のマーニと挑んだ京都ハイジャンプは
現役ラスト騎乗で重賞初制覇を果たすという
あまりに感動的なシーンでした。

三津谷隼人騎手、現役生活お疲れ様でした。


天皇賞・春

初めてのコース設定で行われる天皇賞・春が近づいてきました。

阪神の芝3200m(外→内)では
これまで2月末の松籟Sたった1回しか行われておらず
もちろんGIの開催ははじめて。

いろいろな媒体でこのコース設定についてジョッキーのみなさんに取材させていただいたり、執筆させていただく中で感じているのは

「2周目が内回りになることで、先行有利」

そこにはさらに伏線もあって
京都のように3コーナーに下り坂がないので
そこで惰性をつけてじわーっと加速するタイプ
(よく「長くいい脚を使う」と表現されがちなタイプ)
にはひと工夫必要になる舞台設定なのかなと考えるようになりました。

一方で、従来天皇賞・春が行われていた京都外回りコースでは
「3コーナーの下り坂が苦手なタイプ」が見受けられたのもたしか。
そういった馬たちにとっては直線の坂を除き、ほぼフラットな阪神コースはいいかもしれませんね。

京都競馬場が改修工事中はこういった「異例のコースでのGI」について、あれこれ考えをめぐらせながら楽しみたいと思います。

ところで、当日の午後は雨予報。
「ゴールデンウィーク中で快晴のイメージが強いけど
直近で雨の天皇賞・春っていつだろう?」
と調べてみると、2005年スズカマンボが勝った時が小雨の記録になっていました。
16年ぶりの雨の天皇賞・春ともなるかもしれませね。