はい!現場の大恵です


今週から!坂井瑠星騎手と坂路タイム印刷

今朝の栗東トレセンには
オーストラリア長期遠征から帰国した坂井瑠星騎手の姿がありました。
 
昨年11月に渡豪し、書類手続きなどのため2度の一時帰国を挟みながらもトータルで約1年の海外遠征。
 
一時帰国では土日で人気薄を含む4勝を挙げるなど大きな存在感を示したり
ドバイや香港などへ矢作厩舎が海外遠征の際には現地に飛び、調教の手伝いもしました。

一時帰国中の活躍ぶりからも正式帰国後の活躍がかなり期待されるところ。

早速、今週末はGI・朝日杯FSでコパノマーティンに騎乗予定です。

今朝はその最終追い切りに騎乗。

 

P1620897

 

「初めてコンタクトを取りました。
先行馬を見ながら直線で並びかけ、スムーズな反応でいい動きでした。
この馬のレースは見ていて
ダートで勝っていますが、芝の未勝利で3着もあるので問題ないと思います。
力強い走りをするので、馬場が渋ればよりいいのではないかと思います。
2歳にしてはどっしりとした乗り味ですね」

日曜日は曇りのち雨の予報で降水確率は60%。

コパノマーティンと坂井騎手にどう作用するでしょうか。


さて、今朝は栗東トレセンから話題をもう1つ。

今週から坂路タイムが厩舎毎に手軽にプリントアウトできるようになりました。

 

IMG_7332

 

これまではゴールした馬から順にモニターにタイムが表示され
その画面を印刷する方法でした。

ところが、モニターに表示されるのは10頭未満。
朝一番やハロー明けなどはどんどんと馬が登坂するので
ちょっとタイミングを逃してしまうと
お目当ての馬のタイムがモニターから消えてしまい
プリントアウトできない…という状況。

そのため、走って印刷機のボタンを押しに行く調教師も多かったのです。

新しく導入されたこちらの機械だと
調教師コードを入れればその日の厩舎の馬の登坂タイムが一覧で出てきます。

 

IMG_7334

写真は北出成人調教師。
右手に持っているのが今朝の北出厩舎の坂路タイム一覧。
左手の黒い小さな用紙は従来のモニターをプリントアウトしたもの。


これによって印刷に気を取られ過ぎずに
しっかりと管理馬の動きをチェックできるようになりそうです。


東西騎手

季節が逆戻りして一時的に暖かくなりましたね。
とはいっても、冬。
今朝の栗東トレセンでは半袖の記者を見つけてひっくり返りそうになりました。

異常気象を感じる栗東トレセンですが
今朝は田中勝春騎手が来場し
中日新聞杯に出走予定のマイスタイルなどの調教に乗っていました。

また最近は美浦から多くの騎手が調教に乗りに来ていて
柴山雄一騎手は今月の中京開催のため短期滞在中。
また長岡禎仁騎手は以前から滞在しており、
若手の井上敏樹騎手もこの秋から年末まで栗東を拠点に調教騎乗しています。

写真は今朝の井上騎手。

 

P1620753

 

ダブルバインド(牡4、藤原英昭厩舎)に騎乗し、朝一番のCWコースで併せ馬をしていました。
調教の合間には栗東の関係者と談笑する姿もたびたび見かけます。

 
東西交流が活発になっているのでしょうか。


記憶力との戦いと馬の癒し力

レース中の落馬により高次脳機能障害と左半身麻痺が残る元騎手の常石勝義さん。

現在はトレセンや競馬場で取材を行ったり
馬術でパラリンピックを目指していることは多くの方の知るところでしょう。

昨日の朝も栗東トレセンでお会いしました。

「すみません、僕、覚えるのが苦手で……
お名前を教えていただけますか?」

会う度にいつも謝りながら名前を聞いてくださいます。
このやり取り、10回以上はしたでしょうか。
常石さんの記憶障害のことは知っているので
私はまったく気にしないのですが
「覚えていなくてすみません」といつも丁寧に謝ってくださると胸が痛んでしまいます。
(ビッグテーストの主戦騎手だったのですから
競馬ファンとしてはむしろ憧れの眼差しで見てしまいます)

パラリンピックに向けて励んでいる馬場馬術でも経路を覚えられず苦労していらっしゃるのだとか。

「こないだ三木ホースランドパークで障がい者の全国大会があって
初日はよくできて、先生が『よかったよ、かっちゃん』って褒めてくれました。
でも2日目は経路を忘れてしまって大失敗…。悔しいです。
それがなければパラリンピックに向けていい点数を取れていたんですが」

最近は2020年東京パラリンピック出場を目指し、
ドイツなど海外にも頻繁に渡っています。

「海外は馬が違いますね。
ドイツには世界チャンピオンの方が場長を務める牧場もあるんですよ」

国内で代表選手に選ばれるため、視野を海外に広げています。

「覚えるのが苦手」という常石さんですが
耳の聞こえない方々と同じ作業所に週1回通っているため
手話サークルにも参加して手話を一生懸命覚えているんだとか。

「こんにちは、とか、おはようございますくらいしかできないんですけどね」

自分ではどうすることもできない障害と戦う姿は本当に尊敬します。

 

P1620458

 

 

ところでこの日かぶっていたキャップにも関係するのですが
常石さんはサンクスホースデイズのお手伝いで各地にもよく行ってらっしゃいます。

「僕は覚えていないのですが、落馬後、馬に乗った時の目つきが全然違って
乗馬をするようになってから一気に回復したらしいですね。
母が言っていました」

いま競走馬を引退した馬たちをリトレーニングして
乗馬やホースセラピーに生かす活動が活発になってきています。
馬の持つ癒しの力は素晴らしいですね。


ゴール前接戦

今日の京都競馬場はゴール前の接戦が多かったですね。
(東京のメインもすごかったですが)

マイルCSでもゴール前、ステルヴィオとペルシアンナイトが内から抜け出し、接戦を制してステルヴィオがGI初制覇でした。

 

P1610604

 

レース後にはジョッキー達から
「レース前から内目を通りたいと思っていた」
「流れ的にも馬場的にも先行・内有利」
といった声が聞こえてきました。

今週からCコースで仮柵が外に張られたことで内が使えるようになっていたのでしょう。

 
「内」といば岩田康誠騎手。
2010年マイルCSでは外枠が当たったエーシンフォワードをレース序盤から内ラチ沿いに誘導し
直線でもインを突いてクビ差で勝利しました。

京都の外回りコースは直線で
「どこかのタイミングで内が空く」
と話します。

焦らず待てることも大切でしょうし
それに応える馬の能力や状態の良さも重要になってくるんでしょうね。


今朝のトレセン、モレイラ騎手

この秋はほぼ毎週、水曜と木曜の2日間、栗東トレセンで取材をしています。

数週間前まではジャージを1枚羽織るだけで早朝の冷え込みはしのげたのですが
昨日、水曜日の朝の栗東トレセンは10℃とは思えぬほどの寒さ。

明け方に降った雨の影響もあるのでしょうか、ニットにダウンベストでは寒すぎて
調教スタンドまで自転車を漕ぎながら震えていました。
そんな中、半袖で仕事をされている調教助手さんも。
元気!!
代謝がいいんでしょうか。
最近は会うたびに
助手「大恵さん、寒そうにしていますね?」
私「寒いですよ…。半袖でよく耐えられますね」
という会話でしたが、さすがに
「明日はさらに冷え込むようなので、長袖にします」と話していました。

そして迎えた今朝の気温は6℃。
体感としては1枚多く着込んだおかげか、昨日よりは寒さはマシだったのですが
今度は別の厩務員さんが半袖!!

いやはや、本当にみなさんお元気でビックリします。
獣医さんによると、真冬よりも気温が下がり出す今くらいの季節に風邪を引いたりこんこんと咳を出す馬が多い印象なんだとか。

人間も風邪を引く人や、早くもインフルエンザが増え始めているようなので、みなさんお気をつけください。
さて、今朝のトレセンで人だかりの中心にいたのはモレイラ騎手。
CWコースでのサトノダイヤモンドのジャパンカップ1週前追い切りに騎乗しました。

先週エリザベス女王杯で
GI2着4回でタイトルまであと一歩だったリスグラシューを勝利に導いた“マジックマン”。

自身も日本でのGI初制覇となりました。

今朝のサトノダイヤモンドはソーグリッタリグと2頭併せでの追い切り。
いい感触を掴んだようですよ。

 

20181115サトノダイヤモンド

(内サトノダイヤモンド)

※ガラス越しに屋内からの撮影なので、不明瞭ですみません。

 


ケイティブレイブ

先週のJBCクラシックを勝ったケイティブレイブ。

レース2週前に厩舎へ取材に行き
優勝した2日後にも様子を見に行ってきましたが
改めてお尻の大きさや馬体の迫力に目を見張りました。
ほんと、パンプアップされた体が素敵!!

 
この春から調教では速い時計を出すことよりも
トモをしっかり使って走り、馬自身の体幹をさらに鍛えることに重点が置かれていました。

 
すると、レースにも幅が出てきました。
昨年の帝王賞こそ出遅れたことで後方から差し切るレースになりましたが
基本的にはスタートから気分よくスーッと行った時に好成績を残していた馬。

 

それが前走・日本テレビ盃では2番手に意識的に控え
JBCクラシックでも中団から脚を溜めて差し切るレース。
パンプアップした肉体だからこそ自在性が増したのでしょう。

 
元々、Jpn12勝を含む交流重賞8勝を挙げていました。
JRA場では2年前の1月に500万下レースを勝ったのを最後に勝利を挙げていなかったため
JBC前は不安視する声もありましたが
この走りを見ると、来月のチャンピオンズCも楽しみですね。


昆厩舎×横山騎手

さぁ、今週末はJBC競走です。

レディスクラシックに出走予定のアンジュデジール(昆貢厩舎)には先週、横山典弘騎手が駆け付けて1週前追い切りに騎乗しました。
昆厩舎と横山典弘騎手といえば
京都牝馬Sと阪神牝馬Sを勝ったミスパンテールや
日本ダービーで人気薄ながら4着に粘ったマイスタイルなどのコンビでお馴染み。

栗東の厩舎と美浦の騎手の組み合わせですが
特に昨年などは横山騎手がかなり頻繁に栗東トレセンへ調教に乗りに来られている姿も見かけていて
「栗東に移籍してきたの?(笑)」なんて笑って冗談を言う調教師もいたほど毎週いる時もありました。

昆厩舎でのレース成績はすごくいい印象があって
普段の調教も含めて調教師や厩舎スタッフと密にコミュニケーションが取れていることが好成績につながっているのかなー?
などと個人的には考えていて
昆厩舎×横山騎手の組み合わせはついつい馬券を買ってしまいたくなります。

実際、勝率や連対率を調べてみても

全体      昆厩舎
勝率    11.0%   17.9%
連対率   20.1%   32.8%
※データは2017年1月1日~2018年10月28日

 
昆厩舎での騎乗が特に増えた昨年~今年のデータで比べてみるとこんな感じ。
どちらも高い数字をマークしています。

 
さて、アンジュデジールが今年2月にエンプレス杯を勝った時
横山騎手は

「だいたいこうなるだろうな、とイメージ通りのレースでしたが
唯一違っていたのは、自分が思っていたよりも馬の状態が良くなっていたこと。
休んでリフレッシュできた感じで、馬が良くなっていて
休む前は少しモタモタするところがあったのが
今日はすごいキレ味を出してくれました」
と話していました。

 
JBCレディスクラシックではどんな走りを見せてくれるでしょうか。
とても楽しみにしています。


障害レース

先週21日(日)、新潟の障害未勝利戦に芝のオープン馬ムーンクレストが出走して2着でした。

障害練習2日目にコース内側の馬場でクロスバーを飛んでいる姿を見たのは前走・シリウスSの少し前。

障害練習の効果か、初ダートが良かったのか、
「シリウスSではそれまでよりもレースっぷりが良かったですね」と担当助手の話でした。

その後、10月11日に障害試験に合格しての障害初戦。
新潟の障害レースは芝コースに障害を置いてのいわゆる「置き障害」のレースで、専用の障害コースがある京都や阪神・中山などに比べて障害の高さが低くなっています。
例えば、京都のいけ垣は約1.4mあるのに対し、新潟は1.2~1.3mのハードル障害。
レースを見ていても新潟では障害の手前でほとんどスピードが落ちません。

よって、平地力が求められるコースにもなるため、オープンや上のクラスで活躍していた馬に向いているコースとも言えます。
個人的にもムーンクレストの走りに注目していたのですが、騎乗した平沢健治騎手も

「平地力があるのは分かっていたので、障害を飛ぶのだけ気を付けていました」と。

特に「単走では大丈夫なんですが、練習で併せ馬にしたら横の馬を怖がって飛んで行ったので、レースでは内から来られてもいいというくらいの気持ちで、少し空けて飛ばせました」ということ。

たしかに、改めてレース映像を確認してみると周囲と横の間隔を取りながら障害を飛んで行っています。

障害レースって平地に比べると馬群がバラけやすいので、特に気にせず見てしまうのですが
こうして、あえて周りと距離を取っている理由を聞くと「障害レースって深いな~」とますますハマっていってしまいます。

 
そうそう、障害レースといえば落馬負傷していた難波剛健騎手が今週の調教から復帰しています。

「左まぶたの上が切れて、自分でもビックリするくらい血が噴き出していました(苦笑)」

とのことですが、パッと見た感じでは気づきにくいほど元の男前に戻っています。
肋骨も骨折していたようですが、また復帰戦を心待ちにしています。


トレセン周辺のご飯

栗東トレセンから車で5~10分のところに
「栗東市農協 田舎の元気や」
という道の駅のような施設があります。

ホント、どこにでもある道の駅のような感じで
レストランや野菜・果物の直売所、特産品コーナーなどがあるのですが
唯一違うのが「おにぎりドライブスルー」!!

 

IMG_6729

 

 
なんとここ、ハンバーガーやコーヒーを買うようにして
車に乗ったまま出来立てホヤホヤのおにぎりを買うことができるんです。
(もちろん、車に乗っていなくても購入可能)

先週、トレセン取材の帰りに初めて利用したのですが
噂に違わぬ美味しさっ!!

おにぎり向きのちょっと硬めのご飯、
中の具材、
そしておにぎり自体がすごく大きいんです。

ずっしり重みを感じるほどで
これで100円ちょっとはお買い得。

ドライブスルーには何台も車の列ができ
徒歩で買いに来ている人も数人待ち。
その人気の秘訣、よ~く分かりました。
栗東トレセンには愛馬を見に来られる馬主さん、
GIシーズンになると公開調教を見に来るファンの方々がいますが
近くで美味しいものを食べられるお店って限られているんですよね。

ちなみに、私が取材の合間によく利用するのは
トレセンから出てシンザン像を左、栗東インターの方に向かって自転車で(笑)5分くらいの「一汁三菜」。

こんな↓栄養バランスが整ったランチから
唐揚げや近江牛コロッケのランチまで。
ランチの後はスイーツ、夜もお酒とアラカルト営業をしているので
トレセン近くでご飯に困ったらオススメです。

 

IMG_4174


先週の栗東トレセン

先週から栗東トレセンでは調教ゼッケンが新しくなりました。

9月までは
*2歳馬:緑
*3歳馬:黒
*4歳以上:白

だったのが

*2歳馬:黒
*3歳以上:白

という色分けに再編成。

私たちマスコミやカメラマンは新しいゼッケン番号をこれから覚えていくことになります。

 

IMG_6711

 

追加登録されていく2歳馬や、地方から出戻りで新たに番号をもらう馬は別として、基本的には五十音順に振られています。
なので、たとえば清水久詞厩舎で2桁番号の馬が走っていれば
「たぶんアキトクレッセントだろうな」
と見当がつくこともあれば
ある時期、キタサンブラックが「551」という関西人にはお馴染みの数字列だったのでスグに覚えてしまったことも。
(GI馬は紫色のスペシャルゼッケンなので、番号以前に一目瞭然なんですけどね)

そんな1つの新しいスタートをきった先週の栗東トレセンですが、水曜日の後半の時間帯に坂路で馬が倒れ、その影響でCWコースでの追い切りが増える、という事態がありました。

この件とは別に以前、とある調教師と馬の故障についてお話をしたのですが
「紙一重で難しいからねぇ…ホント、難しい」と。

毎日、担当厩務員や助手が脚元を触ったりケアをして
追い切り前に獣医に「明日、速い追い切りをしても大丈夫ですか?」と確認をすることもありますし
もちろん追い切りの後は獣医に診てもらい
調教師もいろんな状況を総合的に判断して追い切りやレースを決めていく

慎重に丁寧に進めていても、事故は起きてしまいます。
言葉を話せる人間のアスリートでさえ、怪我に悩まされるのですから、馬が相手ではなおさら難しいということは頭では分かっていても、こういう事象を聞くと、切なくてやるせない気持ちになってしまいます。

そんな時に見るのが競走馬総合研究所のホームページや、競走馬やトレーニングに関する研究発表。
「こうして日本馬はどんどん強くなっていったんだ」
と新たな知識を得て、少し前向きになれる気がします。