はい!現場の大恵です


新しい番組表

更新がお久しぶりになってしまい、すみません。

あっという間に春の阪神開催が終わって
今週から京都競馬が開幕しました。

この開催が終われば、夏競馬の開幕。
トレセンでは180番台のゼッケン番号をつけた2歳馬が歩いているほど
ホント、続々と入厩し、ゲート試験を受けて、合格した馬は早速放牧に出ています。
(さらにその放牧先から帰厩してきて、デビューに向けて調教がスタートしていく馬も)

一方で、まだ初勝利を手にできていない3歳馬たちは
否が応でもそろそろ将来のことを考えたり、焦りが出てきてしまいそうな季節。
競走馬の新陳代謝は、時に切ないほど早いなと感じます。

さて昨日、夏競馬の番組表を眺めていたのですが
今年から降級制度がなくなり、クラスの呼称が「●勝クラス」に。

クラス名称が変更になることはもちろん知っていても
いざ番組表で見ると、ものすごく新鮮というか違和感というか。

「えぇっと、1000万下クラスは、、、未勝利と500万下クラスを勝っているから、、、2勝クラス???」

といった具合に脳内フル回転。
新しいことへの対応がスローペースな私はしばらく脳内フル回転になりそうな予感です。

 

ところで今日(あ、日付変わってしまいました)行われたマイラーズCはダノンプレミアムが優勝。

約1年前は挫跖による影響で皐月賞を回避し
秋は一旦は帰厩したものの、ツメの状態が整わず再度放牧へ出ていました。

「速く走る馬ほどツメは傷みやすい」
とはある装蹄師さんの言葉。

屈腱炎が走る馬の宿命とも言われたように
現代において蹄は走る馬にとってより丁寧なケアが必要な部分なのかもしれません。

チーム・ダノンプレミアムのみなさんが根気強く、1つ1つにこだわった丁寧なケアをし続けた結果
9カ月半ぶりとなった前走・金鯱賞を勝利し、そしてマーラーズCを勝って連勝。

抜群の手応えで4コーナーを回ってきた時にはザワっと鳥肌が立ちました。

強い馬が強い走りを見せる
――とてもシンプルに思えることですが、そこに至るまでの道のりは、ダノンプレミアムに限らず決して平坦なものではないでしょう。

そんなことを改めて実感させてくれたレースでした。

 

_1750022


初勝利の早さとその後の関係とは?

昨日29日(土)の阪神5レースでポップフランセが勝利し
岩田望来騎手が初勝利を挙げました。

これで今年デビュー組のうち栗東所属は4名全員が初勝利を挙げました。

斎藤新騎手はデビュー翌日の3月3日に
亀田温心騎手と団野大成騎手は3月17日に初勝利を挙げ
栗東で残るは岩田望来騎手のみとなっていました。

そんな状況を坂口正大元調教師は
「彼も心の中では焦っていると思うよ」
と気にかけていた様子。

現役時代には浜中俊騎手を弟子に取っていた坂口元調教師はさらにこう続けました。

「これからずーっとジョッキー生活は続くんだから
最初の1勝が早いか遅いかはそんなに関係ないんだけどね。
でも、やっぱり焦るでしょうね。
うちにいた浜中はね、同期の中でも初勝利が遅い方で
4月に入ってからの初勝利だったんですよ。
結局デビュー年は新人賞は藤岡康太くんだったけど
それに次ぐ20勝を挙げたし
2012年にはJRAのリーディングもとらせてもらいましたからね」

長いスパンで見れば、初勝利が多少遅れることは気にしなくてもいい
という実例でしょう。
とはいえ、当の本人からすれば気が気でなかったことと思います。

記念すべき初勝利、本当におめでとうございました。


血を残すということ

「海外のセリで購買された馬」

そんな程度の浅い知識だけで
それ以上深く掘り下げようとしなかった自分の未熟さを高松宮記念で感じました。

今年の高松宮記念を制覇したのは芝1200mは初挑戦となったミスターメロディ。
距離を難なくこなし、得意と言われる左回りで勝利を挙げました。

 

_1720519

 
そのレース後の共同会見で

「世界的にファッショナブルでありながら
すでに亡くなっているスキャットダディ(Scat Daddy)の産駒。
日本でこういう馬が出たということは非常に意義があると思うのですが、いかがでしょうか?」

という質問が出ました。
それに対して藤原英昭調教師はこのように話しました。

「本当にすごく意味がありますし
スキャットダディが亡くなってから『これから残していかなければいけない』と思いました。
そのためにはやはりGIを獲らなければいけません。
違う意味でのプレッシャーはありました。
ただ、それは厩舎だけの話ではなくて
これからの日本で血脈をつくっていく重要な馬になってくると思いますから、その辺りはちょっとはひと安心しました」

 
クールモアのアシュフォードスタッドに繋養されていたスキャットダディが急死したのは2015年、まだ11歳の時でした。

昨年のケンタッキーダービーでは史上3頭目となる
「4頭出し」の種牡馬となり
さらには優勝したジャスティファイ(のちのアメリカ三冠馬)もスキャットダディ産駒。

ヨーロッパではロイヤルアスコット開催でGI勝ち馬を多数輩出し、
チリではリーディングサイアーに輝くなど
その産駒はクールモアだけでなく、多くの馬主・生産者が注目していたといいます。

今年、新馬勝ちで話題になったユニコーンライオンの父ノーネイネヴァー(No Nay Never)はスキャットダディの産駒。
・・・って、ここまでは血統に疎い自分自身への覚え書き。

特にジャスティファイなどはすでに多くの人が知るところでしょうが
ミスターメロディをきっかけに調べたり考えたりしていると
穴が開くほど競馬雑誌を読んでいた小中学生の頃を思い出しました。


新人騎手たち

17日の阪神12レースでタガノジーニアスが勝利し
今年デビューの団野大成騎手が初勝利を挙げました。

ゴールの瞬間、厩務員スタンドからは
「親子で初勝利や!」という声が上がり
ただならぬ盛り上がり。

「どういうことだろう??」と思っていると
実はタガノジーニアスを担当するのが団野騎手のお父様ということなのです。

一生に一度しかない「初勝利」の瞬間を
お父さんの担当馬で挙げられるってどれほど嬉しくてどれほど幸せなことでしょうか。

初勝利を挙げて、騎手としてのスタートラインに立った息子さんを迎えに行くお父様。
背中から喜びが伝わってきます。
どんな表情で息子さんを迎えに行ったのでしょうか。

 

_1710692

 
お父様の担当馬で初勝利を挙げたことについて団野騎手は
「言葉にできないくらい嬉しくて
一生の宝物になると思います」と。

きっとそれはご両親もそうでしょう。
通常の口取り撮影の後には家族だけで口取りに収まる「家族写真」バージョンも行われました。

師匠の斉藤崇史調教師は涙ぐみ
お母さまは記念のターフィー人形を渡すプレゼンターを務めました。

初勝利、本当におめでとうございます。

 

_1710890

 
栗東デビュー組では同日、亀田温心騎手も中京で初勝利を挙げましたし
初勝利一番乗りだった斎藤新騎手はすでに4勝をマーク。

先週火曜日には
翌日に高松宮記念の1週前追い切りを控えたダノンスマッシュの背中に斎藤騎手がいました。

 

_1700758

 
新人騎手たちのこれからの活躍が楽しみですね。


2歳馬、入りました!

今週火曜日、栗東トレセンで早くも2歳馬を見かけました。

 

IMG_8268

 

栗東トレセンでは緑色のゼッケンが2歳馬の証。

翌日の水曜日には至る所で
「え、もう2歳馬が入厩してるんだって!?」と話題になっていました。

それもそのはず。
まだ皐月賞や桜花賞の前哨戦が行われている季節ですし
馬によっては体質の弱さや怪我などの理由で
まだデビューできていない3歳馬もいるのですから。

 
私もあまりに驚きすぎてカメラを構える余裕がなく
慌ててスマホの望遠を使って撮りました。
そのため、画質が粗くてすみません。

入退厩資料を見てみると
3月2日(土)に森秀行厩舎に入厩したようです。

来週にはアメリカで2歳馬のトレーニングセールがありますし
なんだかもう、時の流れの速さを感じる今日この頃です。


デビューと新制度

おはようございます。

 

今週からJRAは新しい年がスタートしました。

調教師は下記7名が新規開業。

稲垣幸雄調教師(美浦)
加藤士津八調教師(美浦)
深山雅史調教師(美浦)
石坂公一調教師(栗東)
上村洋行調教師(栗東)
坂口智康調教師(栗東)
長谷川浩大調教師(栗東)

 
石坂公一調教師は土曜日の小倉8レースで早速初出走初勝利を挙げました。

そして騎手は8名がデビュー。

大塚海渡騎手(美浦)
小林凌大騎手(美浦)
菅原明良騎手(美浦)
岩田望来騎手(栗東)
亀田温心騎手(栗東)
斎藤新騎手(栗東)
団野大成騎手(栗東)
そして藤井勘一郎騎手(栗東)

 

_1690813

▲阪神競馬場での紹介式の様子。
(左から)岩田望来騎手、亀田温心騎手、藤井勘一郎騎手

 
さらに今週から女性騎手減量制度が導入され
藤田菜七子騎手が▲3kg減で乗れることになりました。
今後、101勝以上またはデビューから5年を経過しても
永年2kg減で騎乗できます。

フランスで導入されている制度で
日本国内(地方競馬)では少なくとも1985年から導入されているもの。

2月25日発売の週刊競馬ブックのコラムで国内外の女性騎手減量制度についてまとめるにあたり
いろいろと調べながら感じたことは
「まずはこの制度によって女性騎手が増え、根付いてほしい」
ということです。

「筋力面では男性の方が有利」
という声もありますが
当たりの柔らかさなど女性の方が有利な点もありますし
一般社会同様、女性の社会進出がすすむメリットもあるはずです。

たしかに、昨今の男性も含めた若手騎手の騎乗機会確保や
育成環境を整えるという課題もありますが
個人的には競馬界で女性を定着させるためにも必要な制度なのかなと思います。

そして状況を見ながら、具体的な減量の数字の見直しなどが行われていけばいいのではないかな、と。

みなさんは、どのように考えられますか?


調教師の引退

本日2月28日をもって8名の調教師が定年を迎え、引退となります。

そのうち栗東所属は
沖芳夫調教師
坂口正則調教師
中村均調教師
松元茂樹調教師の4名。

26日(火)には武豊騎手をはじめ有志の騎手・調教師など115名が集まって
草津市内で調教師引退パーティーが開かれました。

 

_1690070
▲右から沖調教師、坂口調教師、中村調教師、松元調教師

 

冒頭の挨拶で日本調教師会会長の橋田満調教師は

「4名とも体も元気で、頭もシャキシャキ。
どうして引退するのかな?と思うほどですが
競馬界の新陳代謝を促すためや後進に道を譲るためといった要因もあって
約20年前に70歳定年が決まりました」

と別れを惜しんでいらっしゃいました。
会の最中には思い出のレース話で盛り上がったのですが
みなさん、いずれもGⅠトレーナーでいらっしゃるというのは
本当にすごいことですよね。

特に私が個人的に思い入れの深い馬がナリタトップロード。
中学生の頃、夢中で応援し
「将来は競馬に関わる仕事に就きたい!」
と強く思わせてくれた馬でした。

管理した沖調教師には同馬とコンビを組み、弟子でもあった渡辺薫彦調教師から花束が渡されました。

 

_1690108

 
また、坂口調教師にはご子息で3月から開業予定の智康調教師から

 

_1690129

 

中村調教師にはご子息の勇気調教助手から
松元調教師には所属スタッフの金折調教助手からそれぞれ花束が渡されました。

4名のうち3名はすでに週末のJRAのレースで最後の出走を迎えていたのですが
中村調教師は翌日の名古屋でのJRA交流レースと川崎のエンプレス杯を残していました。

そして翌日、エンプレス杯のキンショーユキヒメは残念でしたが
名古屋でタガノバレッティが見事、勝利!

おめでとうございました、と長い間ありがとうございました。

別れの季節、ちょっと寂しいですが
明日からは出会いの季節になりますね。


NARグランプリ

昨夜、東京都内でNARグランプリ授賞式が行われました。

ひと言でいえばJRA賞の地方競馬版。
そのため、表彰される馬や人は基本的には地方競馬所属なのですが
実はほぼ毎年、JRA馬も表彰されているのです。

それは「ダートグレード競走特別賞馬」という部門でのこと。
過去にはカネヒキリやホッコータルマエが受賞し、
今回は2018年ジャパンダートダービー(JpnⅠ)とマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ)を制覇したルヴァンスレーヴ(JRA)が選出されました。

馬主のGⅠレーシング代表・吉田正志さんは
「レース前はいつもドキドキするのですが、勝った後はホッとします。
ルヴァンスレーヴは今は休んでしますが、幸い問題なかったので
次のレースに向けて調教を進めていけたらなと思います」
とおっしゃいました。

 

_1680744

▲ルヴァンスレーヴの関係者のみなさま

 
また、JRAと関係がある人馬では
「最優秀ターフ賞」をハッピーグリンが受賞。

前日の中山記念は残念ながら8着でしたが
「次走・日経賞でまた頑張ってほしいです」と会田裕一オーナー。

ジャパンカップではホーリックスが当時のレコードをマークしたのと同じ2分22秒2で走り7着。
とても話題になりました。

今年もJRA芝に挑戦し、ファンをワクワクさせてくれることを期待します。

 

_1680819

▲ハッピーグリン関係者のみなさま

 

 

そして、NARグランプリ2018 年度代表馬はキタサンミカヅキ。

東京盃(JpnⅡ)ではJRA馬相手に優勝を果たし
JBCスプリント(JpnⅠ)3着、カペラS(GⅢ)3着などJRAの競馬場でも上位争いを演じました。

オーナーで歌手の北島三郎さん(名義は有限会社大野商事)は
「中央のキタサンブラックが2年連続で年度代表馬をいただいて
また今回、地方でキタサンミカヅキがこんな栄誉ある賞をいただいて
嬉しいのは当たり前ですよね」と笑顔。

 

_1680928

 

地方競馬での馬主歴も長い北島三郎さんに記者から
「地方競馬と中央競馬はどんなところが違いますか?」
と聞かれると

「地方ではすごくリラックスして、ジャンパーでも行けます。
それが中央だと、ちょっとお飾りしていきますね(笑)。
銀座と新宿くらいの違いかな」

とそれぞれの良さを例えていました。

 
受賞された皆様、おめでとうございました。


今週の話題の中心はGI初騎乗に騎手試験合格

今週土曜日、京都の新馬戦(ダート1800m)は10頭が除外になりました。
日曜の東京メイクデビュー(芝1800m)にいたっては15頭が除外と新馬戦は除外ラッシュとなっています。
夏や秋に比べて新馬戦の数が少ないことも影響しているのでしょう。
そのため今週も既走馬相手に未勝利戦でデビューを迎える馬もチラホラと見受けられます。

未勝利戦でのデビューといえばコパノキッキング。
ちょうど1年前のこの時期に経験馬を相手にいきなり8馬身差の逃げ切り勝ちを収め、鮮烈な印象を与えました。
それからどんどん勝利を積み重ね
いよいよ今週、フェブラリーSでGI初挑戦です。

これまで短距離を中心に走ってきましたが
前走・根岸Sでは1400mもこなしての重賞制覇。
控える競馬もできるようになってきていますし
初マイルでどんなレースを見せてくれるでしょうか。

騎乗するのは藤田菜七子騎手。
JRA女性騎手初のGI騎乗とあって
先週は小倉でも栗東トレセンでも
彼女の行く先々で藤田騎手を中心に大きな人だかりができていたようです。

話題の中心と言えば、今週12日に発表されたJRA騎手免許試験で合格を果たした藤井勘一郎騎手もそうでしょう。

JRA競馬学校を1kgだけ体重がオーバーして受けられませんでしたが
夢を諦めることなくオーストラリアへ渡って2006年にジョッキーデビュー。
以降、シンガポールやマレーシア、韓国などで騎乗し
韓国ではエスメラルディーナでトゥクソムC
クリソライトでコリアカップ
モーニンでコリアスプリントを制覇したほか
近年は南関東や門別で短期騎乗を行っていたので
名前を知っている方も多いことでしょう。

一昨年8月、札幌競馬場で開催されたワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)で総合優勝したユーリコ・ダシルヴァ騎手とは2007年頃にシンガポールでアパートの部屋をシェアしていたそうです。

 

P1100393
▲ユーリコ・ダシルヴァ騎手(左)がWASJ第4戦を勝利し、祝福する藤井勘一郎騎手(右)

 

「ダシルヴァ騎手は瞑想とかを取り入れていて、心の持ち方を教えてもらいました」と言います。

ダシルヴァ騎手はその後、カナダでリーディングに輝き、年度表彰であるソヴリン賞も4度受賞されました。

一方、藤井騎手は
「ジョッキーとして続けていくために僕は開拓していっています。
今年もJRAの騎手試験を受けます」
と当時、話していました。

世界を股にかけて活躍してきた藤井騎手。
初の「逆輸入ジョッキー」が日本の競馬でどんな活躍を見せてくれるのか楽しみです。

 

P1110108
▲筆者と


武豊展@小倉

昨日から開幕した小倉競馬場では武豊展が開催されています。

 

IMG_7936

 

私も昨日、小倉競馬場へ行ってきたのですが
馬主席と同じフロア、5階では通路に沿って武豊騎手の偉業や歩みに沿った写真パネルの展示。

 

IMG_7928

 

小・中学生の頃の写真も飾られていて
須貝尚介調教師との少年時代の2ショット写真があったり
等身大と思われるパネルでは
横に並んで武豊騎手の大きさを実感するファンの姿もありました。

 

IMG_7929

 

4階はホールのようになっていて
スキーパラダイスでムーンランドロンシャン賞を制覇した時のカップや
国内でGIを制覇した時のカップや記念品、
さらに小倉らしいのが北九州短距離Sを制覇した時の美しい緑色のカップ!

 

 

IMG_7939

 

会場外の特設ワゴンでは今開催の小倉競馬場限定で
メイショウカイドウのぬいぐるみも販売されるなど
小倉らしい演出もありましたよ。

 

IMG_7947

 

昨日の小倉では武豊騎手は3連勝を含む4勝を挙げました。
口取り撮影を見ながら
「やっぱり武豊騎手は絵になりますねぇ」
という声も聞こえてくるなど
九州のファンのみなさんも武豊騎手を待っていたようです。