はい!現場の大恵です


グランドスワンの40年

来月からの4週間の開催を最後に
11月から改修工事に入る京都競馬場。

発表されている計画では
JRAで唯一の円形パドックが他場と同じく楕円形になり
より出走馬の状態が見やすくなったり、
ゴール付近にあるメインスタンド・グランドスワンが改築されるとのこと。

今のグランドスワンが完成したのは1980年。
それからの40年、日本の競馬は進化を遂げました。

外国産馬が強かった時代
欧米諸国に追いつけ追いこせと血の改良や調教技術の向上を図り
いまでは強い日本産馬を求めて外国からセリに来場する人もいるまでに。

そして、京都競馬場といえば三冠レースの最終戦・菊花賞が、
牝馬三冠も秋華賞(創設前はエリザベス女王杯)が行われてきました。
さらに、伝統の一戦である天皇賞・春も。

京都競馬場が生んだ数々の名勝負を振り返る番組
「水曜馬スペ!京都競馬場 グランドスワンと歩んだ40年」
が現在、グリーンチャンネルで放映されています。

番組ではグランドスワンが完成した1980年以降のレースについて
「心に残る淀の名勝負」
と題して、競馬記者やライターなど40名にアンケート。
僭越ながら私もアンケートに参加させていただいたのですが
番組で投票結果を見ながら、いろんな感動が甦ってきました。

もちろん1位は・・・!!

ぜひ番組をご覧いただければと思います。


再開

先週12日から全国のパークウインズ(非開催の競馬場)とウインズ(一部例外あり)で発売・払い戻しが再開されました。

今年2月末、新型コロナウイルスの影響で無観客競馬がスタートし
約半年間、閉鎖されたままだった競馬場やウインズに
時間は限定されるものの、行くことができるようになりました。

無観客競馬に伴い電話投票の会員は急増したと聞きますが
思い入れのある馬の馬券や大レースの馬券などは手元に紙でほしい!という方や
実際にウインズなどに行って買う方が実感がある
という方もいらっしゃることでしょう。

私の周りでも、さっそくウインズに馬券を買いに行っている人たちが多数いらっしゃいました。

そうなると待たれるのは「現地での生観戦」。
焦らずにゆっくり、然るべき時がくるのを待ちたいと思います。

ちなみに、地方競馬では今月に入り
バババッと西日本地区の競馬場で入場再開のニュースが。

9月1日~ 名古屋競馬場
9月12日~ 高知競馬場
9月19日~ 佐賀競馬場
9月22日~ 笠松競馬場

と、西日本の6主催者のうち4主催者で入場が再開されました。

また、東日本では帯広、盛岡・水沢、浦和、大井で入場再開。

競馬場によっては指定席事前当選者限定だったり先着順だったり
「滞留者●名超えたら入場制限します」だったり
競馬場のある都道府県に住んでいる人限定だったり
それぞれ制約はありますが
JRAに比べると、常時何万人もファンが詰めかけるわけでなく
のんびりと競馬を楽しめる動員数ということも入場再開の後押しとなったのではないかんぁ
と想像します。

ともあれ、今はとにかく焦らずに・・・ですね。


若手騎手のパワーアップ

ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)が今年も開幕しています。

新型コロナウイルスの影響で川崎と金沢でのトライアルラウンドは中止となりましたが
7月21日のトライアルラウンド盛岡からスタート。

今年は初めてファイナルラウンドが西日本で行われ
12月24日は園田
26日は阪神が戦いの舞台となります。

8月13日に行われたトライアルラウンド園田の取材に行ったのですが
「背が伸びました」
という騎手が複数名。

亀田温心騎手は

「みんなから『背が伸びた』とよく言われるので、そうなのかな?と。
まだ正確に測っていないので分からないですが
体重はキープしていますし、馬に乗っていて特に違和感はありません」
とのこと。

そして岩田望来騎手は身長もなのですが、筋力もアップ。

「1年前より身長も少し伸びましたし
筋力がだいぶついて折り合いをつけられるようになりました。
最後まで100の力で追うことができていますし
これからもっと体力をつけていきたいです」

2人とも昨年デビューした2年目。
どんどんパワーアップしていっていますね。


コロナと競馬開催

新型コロナウイルスの感染が拡大しはじめて約半年。

関係者の並々ならぬ努力でここまで競馬開催を続けてこられましたが
ついに今週、船橋競馬所属騎手から感染者が出て
川崎競馬は8月24日(月)~26日(水)が取りやめとなりました。
※27日以降の開催については未定

JRA・地方競馬を通じ、日本国内でコロナが原因で競馬開催が休止されるのは初めての事態。

緊急事態宣言解除後も感染者は増えているだけに
どれだけ細心の注意を払っても、騎手から感染者が出るのは時間の問題だったのかもしれません。

コロナが長期化すればするほど、今後もこういった事態が生じる可能性は出てくるでしょう。

感染してしまった騎手を責めるよりも
感染者が出た時、その後の開催をいかにして安全に続けるかを考えていかなければ
というのが個人的な考え。

もちろん大前提としてクラスターを発生させてはならないのですが
たとえば同じ競馬場所属の騎手を2~3グループに分けて
調整ルームやジョッキールームで一緒にならないようにすれば
感染者が出たとしても、別グループのジョッキーはそのまま騎乗を続けられる
というような対策はできないものでしょうか。

調整ルームは騎手独身寮などを活用し
携帯電話は管理者に預ける。

レース中のジョッキールームは
今はマスコミや関係業者の出入りがかなり少ないですから
検量室付近の会議室なども活用するとか。

もうすでに実施されていることもあるでしょうし
私の立場では見えない・わからない事柄はたくさんあると思います。

活発に議論しながら
「コロナ感染=開催しばらく中止」をすべきなのか否か
考えていける流れになればなと思います。


栗東トレセン火災

今日14日の夕方、栗東トレーニングセンターで火災が発生しました。

 
厩舎にいた競走馬4頭が
残念ながら犠牲になったとのことで
胸が痛くて苦しくて、言葉が出ません。

 
今週末の日曜日に小倉でレースを控えていた馬もいれば
まだデビュー前の2歳馬も。

 
オーナーや、毎日お世話をしていた担当スタッフ、
調教に携わってきた人たち、生産・育成牧場や獣医師、装蹄師・・・
犠牲になった馬たちに関わってきた人たちの心中たるや
私の想像を超えたものだと思います。

 
そして、現場で救助活動に参加された方々や
一命を取り留めた競走馬たちがこの先も無事でいてくれることを
心から祈ってやみません。

 
ニュースを聞いてから5時間以上が経つけれど
気持ちはズンと沈んだまま・・・。

 
犠牲になった4頭よ、どうか安らかに。

 
詳細はJRAからの発表(こちら)をご覧ください。


2年6か月休養からの復帰後初勝利

昨日の新潟12Rでアスクジョーダンが勝ちました。

GⅠ馬・ストレイトガールの半弟という血統なのですが
2017年5月から昨秋まで2年6か月にわたる長期休養に入っていました。

復帰した時には7歳。
長いブランクがありながらも復帰初戦で8着となり
野中調教師は

「レース内容は悪くなかったですし、次走は好勝負になると思うんです」
と、期待を込めてらっしゃいました。

レースでは後方から追い込むも4着でしたが
その後も4着、4着、8着ときて、今回の勝利。

長いブランクからの復帰後初勝利となり
オーナーや厩舎関係者の喜びもひとしおだったのでは
と思いを馳せています。


女子部屋とは?

最近、少しずつ部屋の模様替えをしています。

 
仕事用の椅子を座り心地のいいものにして
本棚から溢れた雑誌を収納するため、少し大きめの本棚を新調し
壊れかけのパソコンを新調。

 
形から入るタイプなのですが
本棚がスッキリして、パソコンがサクサク動くようになると
本当に快適になりますね。

 
一方で、最近は自宅からオンライン収録に参加する機会が増えたのですが
「背景を女子っぽくして!」
と言われるようにも(苦笑)。

 
これまでは殺風景な真っ白の壁をバックに出演していたのですが
改めて部屋中見渡してみても
壁に掛かっているものと言えば
レース写真入りのカレンダーと、寝室のゴッホのポストカードくらい。

 
棚に飾っているのも馬の写真と馬の写真と馬のぬいぐるみ。

 
お花を飾ればいいのかな?
馬のぬいぐるみにお花を持たせればいいのかな?
francfrancにあるようなオブジェを飾ればいいのかな?

 
と、競馬一筋24年女子、「女子部屋」迷子になっています。


出走ラッシュ

先週は阪神開催が最終週。
この先3週間、西では開催がなくなり、新潟と札幌の2場開催になることもあって
出走ラッシュのレースも多かったですね。

想定の段階で3歳未勝利のダート短距離は
優先権がなければ、もう何カ月も休養している馬でないと出走が厳しかったり。

2場開催と言えど、札幌で走るには現地に馬房がなければいけませんから
実質的には新潟一択に近い状態。
それもあって3歳未勝利戦などは必死の思いの陣営もいたことでしょう。

そんな今年のイレギュラーを反映してかどうか
(いや、全く関係ありません)
函館記念と中京記念は大荒れ。
WIN5も最終レース前に1票に絞られるも、キャリーオーバー。
記憶に残る週となりました。

「記憶に残る」と言えば
昨年のアイビスサマーダッシュは
前日の小倉で鮫島克駿騎手が落馬負傷し、田辺裕信騎手に乗り替わったライオンボスが制覇。
田辺騎手の好騎乗も、千直でのライオンボスの強さも印象的でしたが
何より鮫島騎手の気持ちを考えると忘れられない一戦となりました。

今年は鮫島騎手とのコンビで出走予定のライオンボス。
得意の千直での走りと、このコンビがタイトルを獲る姿を見たいなと思います。


JDD、ミスステップ

ジャパンダートダービーJpnⅠはダノンファラオが強かったですね。

父が大井のジョッキーだった坂井瑠星騎手は
今年4月の東京スプリントJpnⅢで大井では初めて重賞制覇を飾りましたが
今回は自身にとって初GⅠ/JpnⅠがゆかりの地・大井。
勝負所から積極的な騎乗が光りましたね。

注目していたカフェファラオですが
1コーナーの入りで躓いたように見えて
生中継を見ながら思わず「あっ!!」と一人叫び声を上げてしまいました。

主催者からの公式リリースされたレーン騎手のコメントによると

「1コーナー手前でタイヤの跡に反応して、逆手前でコーナーに入るミスステップが響きました。
それに、今まで経験したことがないキックバックにも反応して
ずっとバランスが取れませんでした」

とのこと。

たしかに、何かを避けるようにジャンプしたようにも見えました。

残念ですが、まだ3歳。
キックバックなどは経験を重ねることでこなせるようになる馬が多いですから
さらにまた強くなっていく姿を見たいなと思います。


明日はジャパンダートダービー

明日8日、大井競馬場でジャパンダートダービーJpnⅠが行われます。

JRA7頭、地方6頭の計13頭による一戦。
何といっても注目は3連勝中のカフェファラオでしょう。

父はアメリカ三冠馬American Pharoah。

2走前、フェブラリーステークス当日のヒヤシンスステークスに出走した時
初めて直接カフェファラオを見たのですが
雄大な馬体に惚れ惚れ。

ヒヤシンスSはJAPAN ROAD TO KENTUCKY DERBYの一戦だったこともあり

「このあとはケンタッキーダービーか、ジャパンダートダービーか・・・」

と妄想を繰り広げました。
(のちにケンタッキーダービーは秋に延期の発表)

 

IMG_9094

 

カフェファラオにとって明日のJDDが初ナイター。

過去には「初めてのナイター照明にビックリして物見しちゃって」という馬もいましたが
ヒヤシンスSでは落ち着いてパドックを歩いていました。
前走のユニコーンSは二人曳きで少し気持ちを前に出していたようにも見えますが
カフェファラオなら力でねじ伏せることでしょう。

とにかく、JDDが楽しみです。