夢への第一歩

雨の名前

 

 

「雨の名前」

という本がある、と聞きました。

 

春雨、時雨、狐雨・・・

日本には、綺麗な名前のついた雨がたくさんありますが

それらを集め、雨にまつわる小エッセイも書かれているらしいとのこと。

 

競馬ニュースの記事を書くときでも

雨について季節感ある表現ができたら、と思い購入しました。

 

手にして、なんとなく開いたページに書かれていた言葉が

「重馬場」

 

競馬本を買ったのではないはず・・・と二度見すると

 

「今日は雨だ、という代わりに『今日は重馬場だ』とか

『稍重だ』と言う人がいた。競馬狂である」との説明。

 

たしかに、納得です。

競馬狂というか、大の競馬ファンですね。

 

雨足を見て

「うわ~、今日は不良馬場だね」

と言えば、競馬ファン同士では

「うわ~、雨がよく降っているね」

という意味で通じ合うことができます。

 

なるほど、馬場状態もある意味では

雨を表現する言葉になるんですね。

 

今週の東京はナニ馬場でしょうか?

予報では、日曜日の降水確率は50%。

今年最初のGI、フェブラリーSです。