夢への第一歩

飽くなき挑戦

 

 

ダコールが、勝った!!

 

追いかけていた馬の約2年ぶりの勝利で、喜びに包まれた週末が明けた今日。

園田競馬場では、兵庫ジュニアグランプリ(JpnII、2歳、ダート1400m)が行われました。

 

 

メンバー中、唯一の重賞ウィナー、ウィッシュハピネスは

「お姉さんと違って、怖がりだからハナに行ったほうがいいんですよ」

と沖調教師は優しい眼差しで話しました。

 

門別でエーデルワイス賞(JpnIII、ダート1200m)を勝った同馬は

2戦目でダートに替えると、いずれも逃げて圧勝。

 

今日のレースでも、果敢にハナを奪いましたが、4着でした。

 

「コーナー2つの方がいいかな。

距離も短い方がいいんだけど、番組を見たら

1400mのダートでさえ、来年の3月くらいまでないんですよ。

今後は、芝も視野に入れながらになるかもしれませんね」

と沖師は話すと、愛馬の様子を見に立ち去りました。

 

兵庫ジュニアグランプリのレース詳報は

netkeiba.comにも書かせていただきました。

 

 

さて、私はお家に帰ってゆっくり読書をします。

今日発売の『世界一の馬をつくる』(前田幸治著)

 

まだ冒頭しか読んでいないんですが

馬づくり、人づくりについて

「さすが・・・」と思わせられることが書かれています。

 

一つひとつの章がコンパクトなのも

読みやすいですね。

 

最近、電車に乗っても10分も乗っていないので

これは案外うれしかったり。

 

 

image