夢への第一歩

人生を教えてくれたトリックじぃ

 

 

悲しいニュースが舞い込みました。

 

トウカイトリック死去。

 

 

朗らかで控えめな

担当・大平助手の笑顔。

 

地道にひたむきに

年齢を重ねても元気に走るトリックの姿。

 

 

奢り高ぶらず、

人生は目の前の一つひとつのことに

ひたむきに取り組むものなんだよ。

そう教えられている気がしました。

 

尊敬の念を込めて「爺(じぃ)」を付けるのが好きで

園田・姫路の長老ジョッキー・有馬じぃのように

心の中では「トリックじぃ」

と親しみを込めて読んでいました。

 

天皇賞・春、8年連続出走記録。

天皇賞・春にはなくてはならない存在でした。

 

トリックじぃ、ありがとう。

 

 

取材ブログ

「トウカイトリックと大平助手」