夢への第一歩

有馬記念の裏側で

 

 

2013年中央競馬の開催が終了しました。

 

年末のグランプリレース・有馬記念は

オルフェーヴルの強すぎる勝利で幕を閉じましたが

その裏側、阪神競馬のメインレースでは

プリンセスジャックが2013年初勝利を挙げました!

 

クラシック世代の3歳牝馬。

桜花賞では驚異の末脚で3着になり

母ゴールデンジャックをはじめとするこの一族のファンを喜ばせてくれました。

 

続くオークスでは距離の壁に泣いたのか11着。

秋は桜花賞と同じ1600mを中心に使われてきました。

 

♫あの素晴らしい末脚をもう一度~♫

 

そんな思いでプリンセスジャックのことを見つめていたファンも多いんじゃないでしょうか。

かく言う私もその一人。

 

その想いを2013年開催最終節の22日

阪神のサンタクロースH(芝・2000m)でついに実現してくれました。

 

しかし今回は桜花賞のような末脚ではなく

先行して押し切るというもの。

新しい年を迎えるのに先立ち

新生プリンセスジャックを見た気がしました。

 

プリンセスジャックが桜花賞3着の結果を残す直前

母ゴールデンジャックはこの世を去り

弟ジャックトマメノキは

この秋、志半ばで引退しました。

その分までお姉ちゃんに強さを見せて欲しいですね。

 

 

また、同じ日の阪神12RギャラクシーSでは

ウォータールルドが勝利!

 

1週前に生産牧場の伏木田専務から

「有馬記念の裏のギャラクシーSにウォータールルドが出るから

応援よろしくね!」

と言われていたんですが

わたくし、有馬記念を的中させたものの”取り負け”。

あまりのショックからウォータールルドの馬券を買えずにいました。

 

そしたら!

直線で一度差されたもののもう一度差し返す根性!!

鞍上の菱田騎手も

「差されたと思いましたが、盛り返してくれましたね。

馬が根性だしてくれました」

と話してくれました。

 

あ、ちなみに生産牧場の伏木田専務からは

「実は今回自信あったんだよね~」

とレース後メールをいただきました。

レース前に教えてほしかった・・・。

 

 

悲喜交々?

いや、嬉しいことだらけだった最後のJRA競馬ウィークが終わりました。

 

私も年内のお仕事は

収録やイベントなどは、ほぼほぼ終了。

昨日のクリスマスイヴは

Ustream「パートナーズTV」最後の出演でした。

 

昨年の夏から始まったこの番組。

生放送直前にオーディションを行って

選抜メンバーが出演できるというシステムのため

スタート時は力不足で出演できない週もあったりしましたが

競馬コーナー「Oh Yeah!!」がスタートしたり

司会に抜擢していただいたり

大きく成長させていただいた番組でした。

 

昨日の放送をもってレギュラーを卒業しましたが

来年からも番組は続きますので

パートナーズ・プロの新人タレントのみんなを

引き続きあたたく見守っていただければ嬉しいです。

私もまたゲスト出演するかもしれません。

 

 

image

 

メリークリスマス