夢への第一歩

ジャックトマメノキがデビュー!

 

 

以前、このブログで特集した桜花賞3着のプリンセスジャック

(その時の特集はこちら

彼女の全弟ジャックトマメノキが日曜の中京 芝1400mで走ります!

 

母はオークス2着のゴールデンジャック

半兄には京都金杯など重賞3勝のサイドワインダーもいる血統。

でも、お母さんのゴールデンジャックは今春、急逝してしまったんですよね。

 

母子ともに同じオーナーで、思い入れの深いゆかりのある血統なんだろうなぁと感じるだけに

残された産駒たちの活躍を期待してしまいます。

ゴールデンジャックは先代のオーナーが所有されていましたが

その仔・プリンセスジャックやジャックトマメノキは

二代目のオーナーに夢が託されています。

 

馬もオーナーも、今は亡き親の気持ちと一緒にデビュー戦へと挑みます。

 

ジャックトマメノキを担当する桜井調教助手によると

「最近は調教でもある程度動けるようになってきました。

チャンス、ないこともないですよ。」

 

うん?控えめコメント??

と思われた方。

以前、取材させて頂いた時もこんな感じの口調でした。

あれこれ語るよというより、「当たり前のことをやっているだけです」

というタイプの方なのかなぁと感じています。

 

なので、ジャックトマメノキのデビュー戦、十分にたのしみです!!

 

 

そして、福島では七夕賞に我らが(私の?笑)ダコールが出陣!

7月7日七夕当日のレースということも相まって

巷では

「7枠の馬がくる!」

とか

「7文字馬名の馬を狙え!」

とか言われているようですね。

 

ダコールは馬名が4文字で3枠5番。

残念ながら「7」は引けなかったけど

馬名の文字数と枠番を足したら

4+3=7 !!!

やった!

 

ダコールは道悪が苦手なのに、レースの度に雨が降るというジンクスを持っています。

日曜も降水確率は40%

でも、それ以上に担当の河嶋調教助手が心配されていたのは

暑さ。

 

「毛ヅヤも良くなるし、どちらかと言えば夏の方がいいタイプの馬だとは思います。

ただ、土曜は35℃くらいまで上がるようなのでちょっと心配です。

でも、春先から馬がグンと良くなってきたんです。

体に身が入ってきて、放牧から帰ってくる度に良くなっていました。

七夕賞は、土曜の朝に栗東を出発して約9時間かけて夕方に福島競馬場入りします。

福島に輸送経験もあるので大丈夫だと思います。」

 

前走新潟大賞典は直線で不利を受けました。

幸い脚元に異状はなく予定通り七夕賞へ。

無事に、あわよくば1着で帰ってきてほしいですね。