夢への第一歩

ホクトベガメモリアル

 

 

あさって水曜は川崎でダートグレード競走

ホクトベガメモリアル スパーキングレディーカップが行われます。

 

ホクトベガ

 

私はリアルタイムで見たことはないんですが

マンガで彼女の半生を知ってから

すっかりファンになってしまいました。

 

とにかくカッコイイ!

そして、涙・涙・涙。。。

 

芝のGI・エリザベス女王杯を勝利していたホクトベガは

川崎競馬のダート交流重賞・エンプレス杯で

3秒8もの大差をつけて圧勝!!

0.2秒で約1馬身の差なので

単純計算で3秒8=19馬身。

あらま!

そしてその後も各地の地方競馬のダート交流重賞で次々に圧勝していきました。

 

ホクトベガって、端正な顔立ちではあるんですが

流星がないんですよね。

当時小学生の私は

「地味だなー」

って思いました。

それに、華やかな芝のGIではなく

ダート、それも地方競馬。

今でこそダートも地方競馬もレベルが高いし大好きですが

当時は地味なイメージで。

でも、だからこそ

「地道にがんばる」姿に見えて魅了されていきました。

 

そんな彼女はダート世界一を決めるドバイワールドカップに挑みましたが

最後のコーナーを周るところで大きく転倒し、競走中止。

安楽死となりました。

マンガではこの時

厩務員さんの方を見つめながら必死に立ち上がろうとし

それを見た厩務員さんが涙を溢れさせながら

「立つなー…!もう、立つな・・・」

と言っているように描かれていました。

ホクトベガの死を分かっているんですよね。

で、その厩務員さん、マンガの描かれ方では

普通にその辺にいそうなおじさんなんです。

そんなおじさんが、涙を溢れさせて…

 

みんな熱い想いを持って馬に携わっているんだと、初めて感じた時でした。

 

 

そんな大好きなホクトベガの名前のついたレース。

今年のスパーキングレディーカップには応援しているメーデイアが出走します。

メーデイアファンのお友達と一緒に

シャンパンを準備してお家で観戦予定です♪