夢への第一歩

名付け親さんいらっしゃ~い!トレザイール

 

 

□■□■□
「名付け親さんいらっしゃ~い!」
このコーナーでは、京都馬主協会会員さんの所有馬の名前の由来について
名付け親さんにおのろけ話を語っていただこうというコーナーです。
毎月第3週目更新です。
□■□■□■□■□■□

 

第7回目は2012年馬名募集馬のトレザイールです。

 

=-=-=-=-==-=-=-=-=

 

トレザイールの名付け親さんは神奈川県在住の女性です。
馬名募集馬の名付け親さんとしては
女性は今回が初登場です。

 

 

大恵:私と同じ27歳だそうですが、競馬を好きになったきっかけはなんですか?

 

名付け親さん: 中学生のとき、兄がゲームの『ダービースタリオン』にはまっていたんです。
それがきっかけで私も競馬を見るようになり
スペシャルウィークやグラスワンダーを「とてもかっこいいな」
と思っていた記憶があります。
それ以来ずっと競馬をやってみたいと思っていたのですが、
なかなか機会がなくて…
ところが、3年ほど前に会社の人に誘われて東京競馬場に行きました。
今でもはっきりと覚えています。
2010年10月10日、毎日王冠の日です。
開幕週で芝がきれいで、施設の広さにとにかく感動しました。
中でも一番印象に残っているのは、
新馬戦でフェイトフルウォーが放馬したのに勝ってしまったことです。
ただ者ではないと思いましたね。
私自身は馬券がまったく当たらなくて、ちょっとへこんでいましたが
新聞を見たら、京都で「カミダノミ」という馬が出走していたんです。
もう、こうなったら・・・!と思い
ダメもとで単勝を買ったら的中したんです!
競馬に神様っているんだなーと思いました。
初めて行った競馬場がこんな風にとにかく印象に残ることだらけで
今ではどっぷりとハマっています。

 

 

大恵:トレザイールの名前の由来は何ですか?

 

名付け親さん:競馬を見ているとき、競馬場に行くとき、とてもワクワクしますよね。
より多くの人に競馬を楽しんで貰いたいという気持ちと
たくさんの人に期待され、わくわくしながら応援をしてもらえたら・・・
と思う気持ちから名付けました。
私が本格的に競馬にハマったのは3年前からなのですが
学生時代からちょこちょこレースはテレビで見ていて
ディープインパクトやウオッカなど、有名な馬くらいはチェックしていました。
中でもディープインパクトは負けることなどまったく想像がつかず
「今日はどんな勝ち方をするんだろう?何馬身差をつけるんだろう?」
と、レース前にとてもワクワクしていました。
そんなワクワク感を「トレザイール」という名前の中に込めました。

 

 

大恵:トレザイールのレースの前もワクワクしましたか?

 

名付け親さん:新馬戦は残念ながらリアルタイムでは見れず
夕方に自宅で動画を見ました。
結果は6着でしたが、
無事に出走にこぎつけたことや懸命に走る姿にぐっときました。
2戦目はパークウインズでの観戦で
オジサンたちに紛れて1人で応援してました。
4コーナーあたりまでは中団にいたので
「よし、いい位置!がんばれ!」
と思わず声が出そうになるくらい、心の中では叫んでいました。
実況で「トレザイール」の名前が呼ばれると、とても嬉しかったです。
でもワクワクというよりは、その時はなぜか私が緊張してしまってドキドキでした。
2戦目のゼッケンを馬主様のご厚意でいただきました。
騎乗した藤岡康太騎手のサインも入れて頂き、大切に部屋に飾っています。

 

 

 

 

 

 

大恵:競馬にハマって3年。すっかり競馬にどっぷりですね。

 

名付け親さん:引退してしまいましたがヴィクトワールピサが特に大好きでした。
ジャパンカップで初めてヴィクトワールピサを見て、
有馬記念ではブエナビスタとシビれるようなレースに感動しました。
そして、年明けのドバイWC。
神奈川県に住んでいて、震災直後で色々と気が滅入っていましたが
史上初の日本馬の制覇!
さらにはトランセンドとのワンツーフィニッシュで、勇気づけられました。
今は、いつか一口馬主になりたいと思っています。
そのために馬主情報を検索していたらこのHPにたどり着いたんです。
色々な企画をされていて、とてもステキなホームページだと思い、即お気に入り登録しました。
トレザイールは、まだまだ可能性を秘めた馬だと信じています。
まずは無事に、そして息の長い活躍をして
競馬ファンをワクワク楽しませるようなレースをたくさん見せてほしいです!
がんばれトレザイール!