夢への第一歩

オオエライジンが…

 

 

オオエライジンが…

 

負けました。

地元馬相手に。

 

先週木曜、園田金盃という地元園田の重賞があり

ファン投票で出走馬を選ぶという試みが今年から始まりました。

もちろんオオエライジンは1位選出。

 

6月の帝王賞の敗戦後

スプリント路線に主眼をおき、陣営は調教してこられました。

1400m→1200m→1400mと走ってきて

園田金盃は1870m。

 

地元馬ばかりの出走ですので

もちろん目標とされます。

それでも今までは勝ってきたオオエライジンが。

2着。

 

9月に厩舎で久しぶりにオオエライジンに会った時

「ムチッとした体になったなぁ」

と感じました。

ということは、それだけスプリンターらしい体つきになってきたということで

園田金盃の距離を考えれば、今回の敗戦も仕方ないのかな?!

と私なりに考えたりもしています。

 

ペースであったり

直線で勝ち馬ニシノイーグルと馬体を併せられなかったりだとか、

あるいは人によっては

「最後ライジンは遊びながら走っていた」という人もいれば

「いや、あれで一杯いっぱいだ」

という人も。

 

見る人が違えば、意見も当然変わりますよね。

今回はレース後、担当の橋本忠明調教師補佐とはまだお話できていなくって。

年末の兵庫ゴールドトロフィーに出走予定ですし

それまでにまた色々とお話伺いたいなぁと思っています。