川田重幸の栗東最前線!

⑤メイショウヒコボシは太目叩き破壊力増す!

日曜京都12R:
⑤メイショウヒコボシは
6か月半ぶりの前走が
プラス16キロで544キロ。
出だしは後ろに置かれたが、
3角8番手から内目を衝いて
少しづつ番手を上げて4角4番へ。
直線では内で
少し待たされるシーンもあったが、
ラストはグイグイ伸びて
4着に盛り返してきた。
勝ち馬から0秒1差。
次は勝ち負けと思わせる
末脚の良さ。
すぐには反応しないが、
徐々にエンジンがかかると、
ラストはグイグイ伸びてくる。
3走前の1000万の戦いが
そうだった。
後方から外をまわって徐々に進出し、
3角9番手から4角6番手へ。
そこから直線はパワフルに伸びて
最後は一気に差し切った。
破壊力はなかなかのもの。
坂路の攻めはいつも目立たない傾向。
3走前に勝った時でも
55秒0で上りを伸ばしただけ。
今週は少し強めて53秒9-13秒0。
これで上々。
今度は太目を叩いた上積みが大きい。
直線、ズバッとやってくるか。

それでは またね。