川田重幸の栗東最前線!

ひと叩きした②テイエムタイホーの出番!

日曜阪神11RタンザナイトS:
②テイエムタイホーが
叩き2走目で本来の姿に近づいて来た。
前走のほぼ半年のブラン明けは
⒓キロ減の馬体重が示す通り、
まだこじんまりした馬体で
迫力を欠いた。
そのスワンSでも
9着とはいえ、0秒4差。
好位から大崩れしない辺りが
この馬の底力。
ひと叩きして馬っぷりが着実に良化。
追い切りも先週に
CWで82秒5-51秒1-12秒0の
好時計をマークし、
動きもパワーアップ。
休養前は六甲S勝ちが
2着サトノルパンに3馬身半差の圧勝劇。
折り合い面からも1400mはベター。
オープン特別なら力上位を示すか。

それでは またね。