川田重幸の栗東最前線!

⑤ツーエムマイスターが好追い切り!

日曜阪神12R:
⑤ツーエムマイスターを取り上げた。
暮れの阪神1200mダートで
途中2番手に押し上げ、
直線抜け出して未勝利を脱出。
年明けの飛梅賞では
前に位置した3頭が上位を独占。
6番手から追い上げたこの馬には
少し不都合な流れで0秒4差4着。
前走、7か月ぶりの札幌戦は
これまた前のグループで決着。
後ろから5番手まで押し上げて
直線迫ったが、0秒5差4着。
ただし、このときは14キロ減の438キロ。
ある意味、この馬体でよく頑張ったという内容。
ひと息入れて馬体も回復傾向。
なにより、今週坂路で51秒6-12秒6の快走。
それがけっこう荒れ気味の馬場でのもの。
この時計は威張れるもの。
スタートは今イチでも
途中からある程度に押し上げて
あとは直線勝負のタイプだが、
ここ2走の流れよりもう少しだけ早目なら
持ち味の末脚で
ズバッとやってくる手は十分にある。

それでは またね。