川田重幸の栗東最前線!

⑬オーシャンヒーローの能力を高く評価してみたい

土曜小倉12R:
⑬オーシャンヒーローは1年⒑か月ぶりという超長期休養明け。
だが、新馬戦をスピード豊かに逃げ切って1分34秒6の好時計勝ち。
2着に9馬身差の圧勝劇。
一気に注目の的に。
2走目の黄菊賞では1番人気の支持。
今度も前半3ハロンは34秒8-1000mは58秒5。
1800mとしてはけっこう早いペース。
結果は1着トゥザワールド、2馬身差2着にシャドウダンサー。
3着が首差でこの馬。
そのあとにキングオブザサン、ヴォルシェーブが続いた。
負けても強しとはオーシャンヒーローの評価。
凄いメンバーでしたね。
今日のこの相手では能力は断然。
この中間は時間をかけて馬なりだが、
坂路でたっぷり乗り込んだ。
休養が長すぎて息切れするか、
それとも初ダートでも能力で押し切るか。
どちらを選択するか。
小回りコース。
狙いは初戦かも。
能力の高さを買ってみました。

それでは またね。