川田重幸の栗東最前線!

⑨サカジロヴィグラスは飛躍が可能!

土曜小倉12R:
ちょっとビックリしたのが
前走の⑨サカジロヴィグラス。
ひと息入り、
プラス24キロで524キロ。
もちろん、成長分もあるが、
さすがにちょっと太い。
ところが、レースでは
好位のインの4番手から
最後まで渋太くじわじわと
差を詰めて3着。
道中がなかなか軽快で
けっこうスピードもある。
好位のインが良かったのか、
それとも外目なら
早目に前に接近できていたか。
いずれが良かったかは
判別できないが、
今週の坂路では
大型馬らしくグッドなパンチ力で
51秒8-37秒4-24秒5-12秒3の
好時計。
明らかに上昇カーブだ。
叩いて馬体も引き締まる。
おのずと食指がそそる。
更なる飛躍に期待してみたい。

それでは またね。