川田重幸の栗東最前線!

⑬ヴェアデイロス向きの展開?

日曜京都12R:
テンに早い馬がけっこう揃った。
狙いは差し馬との見立て。
⑬ヴェアデイロスを取り上げた。
末脚には定評がある。
3走前がスリーアローの2着。
4角13番手から首差まで肉迫して見せた。
稍重ではあるが、36秒5の末脚。
2走前も稍重で0秒6差4着だが、この時はレースの上りが36秒4と早かった。
それでも35秒8のいい切れ味を使っている。
前走は前半3ハロンが35秒3→後半が36秒8。
上りが早い分、届かなかったが、それでも35秒9の切れ味。
追い込み馬は流れによってかなり着順が変わるはずだが、
この馬はここ3走が2、4、4着と安定している。
つまり、地力のある証拠。
あとは展開待ちだが、ここは早い流れになる可能性がある。
2か月ぶりでも先月20日坂路で55秒8-13秒0のあと、
27日には52秒2-12秒6の好タイムをマーク。
そして今週は53秒3-12秒8でビシッと追って上々。
これならいきなりから能力が出せるとみていい。
この馬の末脚に賭けてみる手が面白いのでは。

それでは また。