川田重幸の栗東最前線!

5月15日土曜京都10Rは⑩ティーハーフに期待

5月15日金曜
土曜京都10R彦根特別:
昇級戦でも⑩ティーハーフの勢いを取り上げたい。
休み明けが16キロの太目残りで3着のあと、10キロ絞れた2走前が2着。
そして前走は更に4キロ絞れて本来の馬体に戻り、1着。
もともと見栄えするタイプだが、
1走毎に無駄肉が取れて馬体のバランスも良くなった。
レースではいつも後方あるいは中団に置かれる馬が
4、5番手の絶好ポジションを確保するほどにスピードアップした。
こうなれば、レースはし易い。
余裕をもって仕掛けてあっさり突き抜けた。
切れ味には定評はあったが、如何せん後方からの競馬が多かった。
逆にいえば、届かないケースが多かった。
今やスピードアップして前々での戦いも可能。
だた、メンバー強化で今日はひょっとして中団になるかも?
だが、今はパワアップもしている。
今週の坂路では53秒8-38秒8-24秒8-12秒2。
前走時より4ハロンで1秒3短縮する意欲的攻めを展開。
それでいて調教開始から30分が過ぎた荒れた馬場をラスト12秒2は立派。
まさに好調モードを数字が表わしている。
しかも今度の京都1200mは【2101】と大の得意。
こちらも後押しする。

それでは またね。